フェンリル

フェンリル(ふぇんりる/Fenrir) / 逆引
  1. ワールドサーバー名の一つ、Fenrir ワールドのこと。
  2. 月の力を司る霊獣召喚獣フェンリル

召喚獣フェンリル

クエスト月の導き」をクリア後、フェンリルと契約すると召喚できるようになる。

20年前の戦争の時にヴァナ・ディールから姿を消しており、ホルトト遺跡に封印されているといわれている。原因はウィンダス鼻の院の研究者が調査中である。さらに詳しいことが知りたい時は、ウィンダスミッションを進めていくとよい。

ハウリングムーン闇属性であることから闇の神獣かと思われがちだが、実際は闇属性に対する耐性を一切持っていない。ゆえにブラインスリプルが効いてしまう。召喚したのにスリプルを受けて何もできなくなるという歯がゆい思いをした召喚士も多い。

またPC召喚したフェンリル移動速度は普通だが、敵が召喚したフェンリルとんずら並の爆速である。デュナミス-ボスディンとんずらしているのに殴られ続け、これまた歯がゆい思いをした人もいるのではなかろうか。

契約のための条件

召喚士実装当初、カーバンクル以外の6属性召喚獣について用意された契約のためのクエスト試練」には、事実上Lv60以上のジョブを持っていることが前提であった。その後「試練・改」シリーズのクエスト実装され、駆け出しの冒険者でも様々な召喚獣と契約することが不可能ではなくなった代わりに、フェンリルがベテラン冒険者のみに許される形となっている。
フェンリルとの契約には、最低でもの6属性召喚獣を余裕で撃破できるレベルの冒険者でなければ困難である。また高レベルの人員を集めたとしても、高確率のDAつきの高速攻撃、全段ヒットすれば最大HP近くからでも倒される特殊技の数々、あらゆる強化魔法を容赦なく吹っ飛ばすルナーロア、そして見る者すべてに絶望を与えるハウリングムーンなどがあり、習得が難しい召喚獣であった。他の召喚獣に比べて通常攻撃の面でも契約の履行の面でも大変優れており、苦労に見合うだけの価値がある反面、上記理由からフェンリルを召喚できない高レベル召喚士も少なくなかった。

フェンリル攻撃の激しさに比べHPはあまり多くないため、黒魔道士複数による精霊ピンポン、いわゆる黒PTでの攻略が可能である。近接されない、与TPが低く特殊技を受けない、強化魔法を消されても火力が落ちない、INT差の関係上前衛ジョブより魔法ダメージに強い、といった上記の難点をクリアできる特徴を持つため、通常編成より攻略は容易である。

その後は長く続いたLv75キャップ時代が終了し、アイテムレベル装備も追加されたことで、ジョブによらずソロでの討伐も可能となっている。
名称LvMP対象効果時間履行分類属性TP修正修正項目
ハウリングムーン1MP敵範囲-幻術魔法×INT
究極履行(アストラルフロウ効果時間中のみ) 闇属性範囲攻撃
ムーンリットチャージ517敵単体-幻術近接命中率修正VIT
1回攻撃追加効果:暗闇 (連携属性収縮)
クレセントファング1019敵単体-幻術近接ダメージ修正STR
1回攻撃追加効果:麻痺 (連携属性貫通)
ルナークライ2141敵単体-験術魔法××
命中率ダウン 回避率ダウン
ルナーロア3227敵範囲-験術魔法?××
魔法効果消去(2つ)
上弦の唸り4346PT範囲180験術魔法-××
能力値アップ(STR/DEX/VIT/AGI/INT/MND/CHR)
下弦の咆哮5457PT範囲180験術魔法-××
命中率アップ 回避率アップ
エクリプスバイト65109敵単体-幻術近接ダメージ修正DEX
3回攻撃(連携属性:重力/切断)
ルナーベイ78174敵単体-幻術魔法ダメージ修正INT
闇属性攻撃
ヘヴンズハウル9696PT範囲60験術魔法××
エンドレイン or エンアスピル
インパクト99222敵単体180(短縮あり)幻術魔法ダメージ修正DEX CHR
闇属性ダメージ追加効果:STRDEXVITAGIINTMNDCHRダウン

出典

フェンリルは、北欧神話に登場する神々と敵対した巨大な狼である。

巨人族の血を引くロキと女巨人アングルボザとの間に生まれた三兄妹の長兄であり、他の兄妹はヨルムンガンド(ミドガルズオルム)とヘルである。

神話では、フェンリルが後々災いをもたらすだろうと考えた神々は、彼を捕縛しようとあらゆる足枷をつけてみるがすべて壊されてしまう。そこで小人ドゥエルグに依頼して、猫の足音、魚の息、女の髭、熊の腱、山の根、鳥の唾液から作られた魔法の鎖グレイプニルを用意する。オーディンが後で外すという約束でグレイプニルで縛ろうとするが、不審に思ったフェンリルは自分の口に誰かの手を入れておく事を要求する。そこで軍神テュールが右手を入れてグレイプニルで縛られると、切れない鎖である事を気づきようやく騙されたと知る。こうしてテュールは噛み千切られた右手を代償に、ラグナロクまでフェンリルを縛り付けておくことに成功する。

後にラグナロク時に解放されたフェンリルはオーディンを飲み込むが、彼の息子ヴィーダルによって討たれてしまったとされる。

ファイナルファンタジーシリーズのフェンリル

初出はFFVI
召喚時の技「ハウリングムーン」は、この時は味方全員に敵の攻撃回避する分身をつける技であった。
FFIXではエーコの召喚獣として登場。通常は「大地の怒り」という地属性攻撃を行うが、アクセサリ「おとめのいのり」を装備していた場合のみ「千年の風化」という風属性攻撃に変化するという、隠された能力を持っていた。

余談だが、映像作品「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」では、主人公クラウドの乗るバイクに「フェンリル」の名前が与えられている。

外部リンク

関連項目

Karaha-Baruha】【フェンリルクラウン】【マウント