着替えマクロ

着替えマクロ(きがえまくろ/equip) / 逆引
マクロ/equip/equipsetテキストコマンドを組み込んで、瞬時に装備を変更するようにしたもの。当項目では主に/equipに関するものについて述べる。/equipsetに関しては【装備セット】項、また着替えマクロの具体例に関しては【着替えマクロ/活用例】項を参照のこと。


利用目的

主として、さまざまな装備ステータス強化を状況に応じて最大限に素早く利用するために使われる。もっとも基本なものとして、ウェポンスキルを放つ際そのウェポンスキル修正項目ブーストした装備にすばやく着替えるために使われる。

/equip基本文法

/equipを使うことで、装備部位を一行でひとつ変更できる。なおストレージ番号は省いても良い。(詳細は後述)
/equip 装備部位 装備品名 ストレージ番号


注意点

アクション発動と通信内容の関係

アクションの発動までサーバクライアントは何をしているかというポイントが、着替えにおいて的外れなようで実は重要なポイントである。

通信内容の詳細は本趣旨と外れるので割愛するが重要なポイントは以下の2点。

つまり、アビリティなどの計算式の多くは発動時の状態を参照しており、リクエスト時の状態を見ていないのである。
(ただしファストキャストのように詠唱時に作用するものは例外。これはリクエスト時に決定されているため。)

わかりやすく魔法で要約すると、「詠唱中に着替えて発動時に着替え終わっていれば、着替え後のステータスを基に計算が行われる」わけである。
これは逆に言うと、「即発系のアビリティ魔法では着替えの恩恵が得られないこともある」ため注意が必要である。

複数箇所の着替えWS等の命令を続けて実行すると、処理遅延や応答タイミングの誤差により発動までに自身のパラメータ更新が間に合わないこともある。(後述参照)

基本的にサーバー処理というものは、クライアントからの命令を受けて、ある程度は順番に処理していくもののため、こういった遅延はおきづらいものである。しかし、サーバーに通知したものの、応答を待つといった処理の場合は、同一クライアントに対する大量の応答は処理軽減のため、順序が最適化される場合がある。FFXIサーバー処理の詳細のため、あくまで一般論である。

挑発スタンホーリーなど、リクエストから発動までが極端に短いものについては、一足早めに着替えを行うことをお勧めしたい。<st>で対象を選択するものであれば、先に着替えてから対象を選ぶようにマクロを工夫するのも有効である。

数秒の詠唱時間や準備時間のある行動では、リクエストから発動までにマクロ1秒程度の余裕があるため、コマンドと同時に着替えれば有効である。但し、ファストキャスト効果アップ装備などは詠唱開始時に装備していなければ詠唱時間の短縮効果は得られない。この場合はコマンドを入力する数秒前に着替えをしておく必要がある。

着替えに伴う「点滅」について

着替えマクロを無対策で乱用すると【点滅】という副作用が出る。詳細は当該項目を参照のこと。

ラグ発生中の着替えについて

処理落ち(ラグ)が発生していると、通常のマクロ飛び同様着替えが失敗する場合があることに注意しなければならない。例えば指輪や耳装備を続けて別名かつマイバッグに2つ以上入っている装備に変更しようとすると、1つ目の処理が終わる前に2つ目の処理が発動し、2つ目の処理が先に終わってしまったため、1つ目が装備しようと思っていた装備は処理中でキャンセルされてしまい、結果片方しか装備されなかったという結果に陥ることがある。この失敗は、サーバーのラグや処理落ちと思われがちだが、実際はクライアントマクロ処理の処理落ちである。PCマクロの処理落ちが激しい場合、クライアントに常駐しているプロセス等を極力減らすか、風景が少ない壁側を向いてマクロを実行することで、処理落ちを軽減する事が可能である。

また、TPが0になるため後衛以外で武器マクロ切り替える事は戦闘中ほぼ無いと思われるが、弓、矢のように対になった装備切り替える際や、二刀流武器切り替える際はマクロにウェイトを挟まないといけない場合がある。二刀流武器は、メインウェポン装備が完了した状態でサブウェポン装備しなければならないため、マクロで瞬時に装備切り替えることができない。主に装備を解除(通称「脱衣」)してくるメロー族ヨヴラ族との戦闘に備え、あらかじめ武器などを瞬時に装備できるマクロを作る際には、覚えておくと良いだろう。

関連項目

着替えマクロ/活用例】【着替え】【装備セット】【点滅】【ロックスタイル