坂口博信

坂口博信(さかぐちひろのぶ) / 逆引
1962年、茨城県生まれ。横浜国立大学工学部電気情報工学科中退*1
83年、当時のスクウェアにアルバイト入社。その後社員となり、1987年に総指揮を務めた『ファイナルファンタジー』のヒットで一躍注目を浴びる。以来、長く開発部門のトップとして同シリーズや『クロノ・トリガー』等の名作を世に送り出し、スクウェア躍進の原動力となった人物。特徴的な口ヒゲからきたニックネーム「ヒゲ」と共にファンに愛されるクリエイターであった。

しかし、2001年2月、業績悪化に伴い代表取締役副社長を引責辞任。氏が監督を務め同年公開された映画版ファイナルファンタジー『→FINAL FANTASY ― ファイナルファンタジー ― (スタンダード・エディション) [DVD]』が、160億円という巨額の予算を投じたにも関わらず興行的に大不振に終わったのが業績不振の最大の原因と言われ*2、2003年4月のエニックスとの合併の遠因となった。
これにより、坂口氏が当時EverQuestに強い影響を受け、製作に当たっていたFF11のプロデューサーも田中弘道氏に交代となった。現状のゲームバランスへの不満から、「もし坂口氏が当初構想した通りのFF11になっていたなら」と考えるプレイヤーも多い*3

退社後、新たにゲーム製作会社ミストウォーカー(http://www.mistwalker.info/)を設立。
2005年のE3において、Xbox 360用のRPGソフトとして、『→ブルードラゴン 特典 「オリジナルマウスパッド」&「フェイスプレート カスタマイズシール セット」付き - Xbox360』『→ロスト オデッセイ 特典 特製B2サイズポスター (原画:井上雄彦) 付き - Xbox360』2作の製作を発表した。


関連項目

植松伸夫】【田中弘道

外部リンク

→Wikipedia:坂口博信
*1
FF11の前プロデューサー田中弘道氏も同じ大学に通っており、旧知の仲である。
*2
それまで赤字額ワースト1だったウォータワールドを越え、ハリウッド史上最高額の赤字を出したと言われている。
*3
もっとも、オンラインのノウハウが会社になかったことや、そもそも無謀な映画の企画を通す時点で本人の傲りがあったことからユーザー視点の運営ができていたかはわからない。歴史にifはないものだ。