脳筋

脳筋(のうきん) / 逆引
「脳まで筋肉で出来ている人」を縮めた表現。蔑称の一つ。

FF11のサービス開始以前から日本語俗語として存在していた言葉でりヴァナ・ディール由来ではないが、ヴァナ・ディールでは特に「後衛から見て、回復支援役の負担やパーティ全体のことを考えないアタッカー」、「自身の最大火力集中するあまり、被弾や他のメンバーのMPリキャストなどに気が回らない人」といった限定的なニュアンスで使われる場合が多い。
FF11サービス開始当初にネトゲ実況板のモンクスレで「さすが脳味噌まで筋肉でできているモンクさんは違いますね」という煽り文句が流行り、そこからヴァナ・ディールにおける「脳筋」のニュアンスが定着したとも言われている。

元々は蔑称であるが、状況によっては単純に「前衛全体」や「アライアンスの中でアタッカーが集まるパーティ」といった意味で特に悪意なく使われる場合もある。
「ノーキン」や「ノーキンズ」など、時として親しみを込めて呼称する場合もあるが、由来はあくまで蔑称なので、気心の知れた相手以外に気軽に使う言葉ではない点は留意しておくべきだろう。

脳筋


…などが挙げられる。

注意として繰り返し記しておくが、「脳筋」という言葉は、あくまで侮蔑の言葉であり、蔑称である。
それゆえ、人の感情で意味が揺れ動く言葉であり、明確な定義は出来ない。また、厳密に定義する意味も無く、それを求めるのは不毛だと言える。
長い付き合いでギャグが通じる相手ならば兎も角、初対面の人に対して使うと、PT解散となって他のメンバーにも迷惑をかける可能性があるという事を覚えておこう。

また、単なる無知から来る同様の行動も有り得るので脳筋と疑う前にきちんと話を聞き、無知から来る行動であったのなら『知っている者』の義務として正しく導いてやるよう心掛けよう。誰しも、自分すらも過去は似た様な事を自覚の有る無しによらず一度はやらかしているものである。

参考

同じスクエニのゲームであるFRONT MISSION 2089 Border of Madnessで基本的に上記通りの意味で『脳筋』と言う言葉が繰り返し登場する。
キャラクターの一人が自他ともに認める『殴るしか脳が無い格闘馬鹿』だからなのだが、 その用法のピンポイントぶりはFF11をやった事がある人ならニヤリとくるものがあっただろう。

ちなみに合言葉は『てきだなぐれ!』である。

ディシディア ファイナルファンタジーでも似た様な台詞がありケフカがジェクトに「脳みそまでキンニクでしょう」と言い放つ場面もある。

関連項目

】【肉壁】【Trion】【メリポ脳】【ジョブ蔑称】【ダハクに月光
*1
主に片手武器前衛両手武器前衛だと、サポ忍が適しているような状況でもサポ侍サポ戦攻撃力を追及するようなケースがある。