ファスバニコン

ファスバニコン(ふぁすばにこん) / 逆引
WSを「ファストブレードバーニングブレードコンボ」と撃つことで溶解核熱連携することの略称。行為自体はとても高い認知度ではあるが(後述)、略称は広まりきっていた、とはいえない。

ウェポンスキルの組み合わせで連携ができるとはいえ、連携属性の把握は一般的に一瞬で完全暗記できるほど簡単ではない。
そのため「とりあえず初期に覚えるWSで、この組み合わせさえ覚えておけば連携を発生させることができるよ」というニュアンスの「連携初心者向け暗記」として「ファストブレードバーニングブレードコンボ」は連携実装に伴い流行した。

この連携エキストラジョブジラートジョブ実装される前は、砂丘パーティするときにはとても流通していた。片手剣格闘を得意としないジョブであっても、覚えているWSが絶対的に少ないため「ファスバニコン」を応用すれば総当りで連携可能なのかを調べても時間がかからない。そのため、とりあえずファスバニコンさえ覚えておけば、少しの応用で砂丘時代連携を十分にこなすことができた。
また【暗黒さんレタスよろw】に詳しいが、TPシステムの問題上、両手武器より格闘片手武器のほうが圧倒的に早く連携を成立できた時期があり、そのことが格闘片手武器のほうが両手武器スキル優位性を捨ててでも装備する価値があるとして広まったことも影響した。

しかしジラートの幻影実装後から

といった要素から、この連携は全盛期ほどの浸透度を失っている。

他にも、暗記用WS連携として、次のようなものがある。