Nemean Lion

Nemean Lion(ねめあんらいおん) / 逆引
ビシージにおいて、死者の軍団行軍レベル8(拠点兵力200時限定)でアルザビに来襲するキマイラ族モンスター
Lamia No.2によって召喚される。Nemean Lion自身は彼女のペット扱いである為、例え討伐できても召喚者であるLamia No.2が健在ならば、再び戦場に舞い戻ってくるだろう。

【画像:Nemean Lion】
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

特徴

2007年06月06日のバージョンアップにより、ビシージにおいて死者の軍団行軍レベル上昇が8まで引き上げられたことにより、アルザビに侵攻してくるようになった。

Lamia No.2がいるエリアの特定位置にPOPし、知覚範囲内にいるPCNPC引き寄せてくる。
知覚範囲内に誰もいなくなった場合は消えてしまうが、一定時間後に再度Lamia No.2によって召喚される。

出典

メアの獅子という意味のこの怪物は、ヘラクレス12の難事の第1番目で退治した、巨大な人食いライオンである。
このライオンはテュポーンの妻エキドナの子と言われ、ハイドラキマイラケルベロスとは兄弟にあたる。また一説では、ケルベロスの弟であるオルトロスが母エキドナと目合って生まれたとも言われる。その皮は無敵の鎧でもあり、いかなる槍も矢も受け付けず、ヘラクレスが矢を射込んでも全てはじき返し、巨大な棍棒で殴りつけると棍棒は藁のように折れてしまった。
刃も打撃も効果が無いことを見て取ると、ヘラクレスはライオンを組み伏せて首を締め上げ、さしもの不死身の怪物もついに窒息死した。ヘラクレスはライオン自身の巨大なかぎ爪で皮を剥ぎ、無敵の毛皮を自らの鎧にしたという。
メアの獅子は天に上げられ獅子座とされた。またヘラクレスが描かれるとき、多くはこの獅子の皮をまとった姿で描かれる。

関連項目

ビシージ】【死者の軍団】【キマイラ】【Illuyankas】【Gere