マウラ

マウラ(まうら/Mhaura) / 逆引
穏やかなパムタム海峡に面した断崖を繰り抜いて築かれた港町で、 ウィンダス連邦に属する都市のひとつ。

元々はタルタル族の町だったのだが、前マウラ総督の寛大な政策のお陰で、 今では、様々な国籍や種族、職業の者が集う、賑やかな町となっている。

→その、美しき世界 マウラより

エリア解説

ブブリム半島の南端に位置する港町。
港からはセルビナ行きとアトルガン皇国行きの機船が出航しており、どちらも受付で100ギルを支払う事により、乗船できる。*1

何かと比較されるセルビナに比べて、マウラレベリング目的で訪れている者が極端に少ない。セルビナサンドリアバストゥークの2国周辺エリアコンシュタット高地ラテーヌ高原)に隣接しているのに対して、マウラウィンダスからも遠く離れたブブリム半島に位置しているのが、この差であると明言できるだろう。

追加ディスク「アトルガンの秘宝」の実装直後、この過疎都市に状況を一変させる事態が発生した。
ググリュー洋を越えてやって来たアトルガン皇国傭兵キャラバンが、傭兵募集のためにマウラ-アルザビ間汽船航路の就航を要求してきたのだ。

マウラ総督府は当初この要求に難色を示していたが、傭兵キャラバン側のやり方は実に強行的であり、また国内の傭兵志願者からの声の高まりも相俟って、ついに抵抗しきれなくなった。

これにより、新エリアへ向かおうとする冒険者達がこぞってマウラに結集し、アトルガン皇国に向かった。これによりマウラは活気づいていく…と思われたのも束の間、アトルガン皇国の暮らしの快適さにホームポイントアトルガン白門に設定してしまう冒険者が続出し、アトルガン皇国からマウラに戻ってくる冒険者は数える程しか存在しなかった。アトルガン皇国からジュノや自国に戻る事もできたため、当然といえば当然の結果であった。それでも、アトルガンホームポイントにしておらずオルドゥームリングを所有していなかった冒険者マウラからアトルガン皇国に移動することもあった。しかし後になり、三国からアトルガン皇国への移送サービスが実装されてしまい、釣りや景観を楽しむ以外の目的でマウラから船に乗る意味がなくなってしまい、再び過疎の時代に突入してしまった。

その後、マウラに訪れる者の目的はクエスト釣りが主であったが、最近になり、マウラにもノマドモーグリが住み着くようになった。これにより、ソロでのレベル上げウィンダス方面の新米冒険者によっては、マウラ前でキャンプを張る事も出来るようになった。MPを持つジョブは、強化が消える事を我慢すれば、MPを使い切ってもジョブチェンジによりすぐにフルに回復することが出来るからだ。とはいえ、これはセルビナに於いても同じ事のため、これによりマウラが活性化するまでには至っていない。

公式設定資料集によれば、数百年前から栄えている、ウィンダスの海洋交易を象徴する港町(主にタルタルのナナンジ族が利用)であったということだが、冒険者はもっぱら各種テレポサービスを利用しているようだ。

また、電撃の旅団団長Peaberryセカンドキャラの名前にも使われている。

【画像:1072/Mhaura_Area1.jpg】 【画像:1072/Mhaura_Area2.jpg】 【画像:1072/Mhaura_Area3.jpg】
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

施設・人々


ウィンダスから遠いセルビナ漁師ギルド織工ギルドがあるのに対し、バストゥークサンドリアから離れたここには鍛冶ギルド彫金ギルドがある。
彫金ギルドでは、原石が買えるため、スキル上げで愛用している人もあり、一部では「聖地マウラ」と呼ぶ向きまであるらしい。

なお、彫金ギルド鍛冶ギルドがあるためなのか、芸術家らしき人物もちらほらと見かける。関連したクエストもいくつか存在する。

港の岸壁に立つWilhelmには、リンバスアポリオンCNテメナス中央塔4階で得たアルテマオメガの器官をトレードすると、それぞれナシラ装束ホマム装束に交換してもらえる。

クエスト

セルビナ同様、サポートジョブ取得クエストごうつくばあさん」を受けられる。セルビナのそれに比べて難易度が高いと言われている。

港内の桟橋に居るNPCKatsunaga)からは、今までに釣りをした回数や大物等の履歴・釣ったことのある魚のリストを教えてもらえるクエスト釣り人の心」を受ける事ができる*2

そのほか、料理人ライチャード連続クエストマネキン(呪われた人形)、召喚獣入手クエスト(雷の試練)などが受けられる。

釣り

港の道具屋ではゴカイを販売している。
ここで釣れるイエローグローブ毒素(錬金術合成)の原料になる。

町の中の安全な釣り場であるが、ほぼイエローグローブバストアサーディンしか釣れないと言う特徴があり、駆け出しの釣り師がこの2種で修練を詰むには良い釣り場である。
また、外道も含めて竿を折るような「大物」が存在しないのも特徴で、さびき針で思う存分釣り上げる事が出来る。

また、時々パムタム海苔が釣れ(?)る。

地図

だいじなものウィンダス周辺地図」。各地の地図屋から購入可能。マウラでも売っている。

隣接エリア

*1
アトルガン皇国行きは、だいじなもの渡航免状」を持っている場合のみ乗船可能。
*2
装備・サポを含めて釣りスキル20以上で受けられる。