とてもとても強そうだ

とてもとても強そうだ(とてもとてもつよそうだ/Incredibly Tough) / 逆引
モンスターを「調べる」ことで表示される相対評価の一つ。

とても強そうだ」よりも一層強いことを示す言葉。通称「とてとて」もしくは「とて2」、または「とてて」とも。

この強さの表示が導入された当初は、「狩ることはほとんど無理」という意味合いが込められていたふしがあるが、レベリングが盛んに行われていた頃は、多くのレベル帯では狩りの中心的な対象だった。何故、狩るのかというと経験値が140以上、うまくチェーンボーナスと絡めると200オーバーの経験値を獲得できるからである。

ただし、獲物が潤沢にいさえすれば「とても強い」クラスの敵をハイペースで狩ることでも経験値稼ぎはできたため、美味しい獲物をできるだけ多くのプレイヤーで共有するという意義もあったと言えるだろう*1

ちなみに、相対的な強さ表記の最高ランクであるため、自レベルの10上だろうが50上だろうが、調べた時の評価は「とてとて」である。モンスター情報サイトが充実し、事前にモンスターの情報を調べられるようになってからは、極端に格上の敵を避けることも容易になったが、初期はまだ情報が少なかったこともあり、レベルが30上40上ある相手に手を出してしまった者もいたと思われる。そのため、明らかに狩りに適さない敵と対峙することを防ぐため、強さ表示に加えて、回避率防御力表示にも着目するのが一般的。前衛アタッカーから見て「とてもとても強そうだ攻撃回避率防御力、共に高いモンスターだ。」(通称「とてとて++」もしくは「とて2++」)と表示されるモンスターは、6人パーティでは撃破に苦しむ可能性があり、相手のレベル帯がわかっている場合以外はウカツに手出しをする相手ではない。

なお、海外プレイヤーは、ITまたはINCと略すことが多い。
あるいは「狩りの対象として周知されているのに『信じがたい(incredibly)』と言うのはおかしい」と感じる者が"VVT(Very Very Tough)"と表記することもある。文字通り「とてもとても強い」である。

関連項目

7・2パッチ】【とてもとても
*1
強めのパーティで混雑している狩場に来ると、獲物がすぐに狩りつくされて時給が落ちてしまうため、「とて」が混じり始めたらパーティ解散するか、1ランク上の狩場に移るという光景も当時はよく見られた。