Note:モーダントライム(もーだんとらいむ/Mordant Rime)


← 1 →
書き込み数:12  1件目から 12件目までを表示中

[38808] 2011/01/28 12:08:12 (jbLp6JUXrkFD)違反の申告
WSのダメージ成分は以下の4点のみ。

1.物理
2.魔法
3.物理+魔法
4.ブレス

このWSは物理ダメージWSとなります。
WSのアイコンは追加効果があるものは追加効果属性のアイコンとなります。
倍撃云々に関しては、記述者がなんらかの勘違いをしてる可能性が高そうです。
詩人が使用可能な短剣WSとしては破格の3倍WSなので不意打ちとの相性が抜群なのは異論の無いところですが、
防御力の高い相手に対してはクリティカルのでるエヴィとどっちが強いかと言われると微妙なところです。
[38807] 2011/01/28 11:33:41 (OTdavo61ufod)違反の申告
風属性物理WSとありますが、追加効果の移動速度ダウンが風属性なだけで、ただの物理WSじゃないでしょうか?
追加スタンのフラットブレードが雷アイコンであるように、追加効果付きの物理WSは追加効果の属性の色のアイコンになってるだけかと。

また、倍撃である関係上硬い敵にも相性が良いとありますが、
攻撃力ボーナスがあるわけでもなく説明が結びついていないと思うのですが…
何より初段倍率が3.0であるだけで、このWSに倍撃という表記はありませんよね??
[26054] 2009/01/08 20:01:15 (ijJDBWzzbBO6)パパ・ラス違反の申告
性能面の記述について、下記の要領で改稿してみました。名称についての記述は、rimeを辞書で引くと最初に「=rhyme」と出てくることでもありますし、個人的には現在のものでも問題はないと思ってはいます。rimeという言葉でrime(=rhyme)している、というダブルミーニングの含みを主題にした記述に改稿する余地はあるかな、とも思いますが、その辺りは必要性を感じる方にお任せしたいと思います。
[26050] 2009/01/08 11:39:12 (izy1oCeYvEs2)違反の申告
rimeは白霜という意味のほかに
[名][動](他)(自)((文))=rhyme.(Yahoo!辞書より)
ともあるので、Mordant Rimeはやはり「痛烈な白霜」と「辛らつな詩」のダブルミーニングではないでしょうか。
※rhyme=押韻、押韻詩、詩
例えば帝王韻律はRime Royal/Rhyme royalの二通りの書き方があります。

少し深読みすれば、読み手側の受け取り方しだいでわざと二通りの意味に取れるように語句を抽象化して二つのうちどちらを取るかは読み手に託した感じだと思います。
[26046] 2009/01/08 07:42:39 (AU0U58WOHlNB)違反の申告
エフェクトからみるに、Rime=白霜がしっくりきます。「刺さるような霜」といったところでしょうか。

言葉遊びが込められているんではないかという想像には同意できますが、「辛辣な詩」であればMordant Rhymeと命名されているのが自然でしょう。

表裏を逆にした方がいいように思えます。
[26045] 2009/01/08 05:17:33 (oJEsQJxqc4fD)違反の申告
記事全体が少しネガティブっぽい気もするので、シャークバイトを~の方も改めると良さそう
[26028] 2009/01/07 12:13:09 (ijJDBWzzbBO6)パパ・ラス違反の申告
初期の頃の習得報告を読む限りではダメージを評価したものがなかったので、「それほどダメージの~」という表現を使いました。今調べてみたところ、エヴィサレーション等との比較では大抵ダメージで上回るようですし、少なくとも詩人の使用できるWSとしては優秀なモノであるようです。異論が無ければ「それほど~」の段落の冒頭を以下のように表記を改めたいと思います。

「詩人の使用できるWSとしては優秀な部類に入る。多くの場合ダメージでエヴィサレーションを上回り、またSPWSのシャークバイトを~」
[26026] 2009/01/07 11:50:03 (RDcYUphyQtV5)違反の申告
ちょっと気になったんですが、このWSって攻撃力補正が高くないですか?
あくまで体感ですが・・・
バフラウ遺構のノックで、固定の詩人がこのWSで1300から1900のダメージをよく見ます。
装備の解放具合が同条件のモンクの夢想阿修羅拳で1900から2200、赤のロズレーファータルで500~700だったので、3倍撃+突特効ということを踏まえても、とんでもないダメージだなーと毎回思います。
それとも、元々ステータス補正が高い上に、3倍撃+突特効なので、こんなもんなのでしょうか?
だとしたら、本文中の”それほどダメージの期待できるWSとは言いがたいようである。”というのは、条件によってはあてはまらない時もあるのではないかなーと思いました。
[26025] 2009/01/07 11:32:47 (ijJDBWzzbBO6)パパ・ラス違反の申告
[22455](C6JlKD2FdX7Y)さんの指摘に基づいて改稿してみました。
[22460] 2008/10/20 21:26:10 (ijJDBWzHT9pR)パパ・ラス違反の申告
またそのようなエフェクトなのだとすると、霜と詩とを掛けていることも考えられます。そうだとすれば、これもまた詩人らしいネーミングです。エフェクトについては書き漏らしているので、そうした記述を盛り込みつつ改稿するべきかもしれません。
[22457] 2008/10/20 21:02:11 (ijJDBWzHT9pR)パパ・ラス違反の申告
rimeには、仰るとおり「霜」の他に Rhyme の異型綴りとしても用いられるようです。オンラインで確認できるソースとしては、例えば英語版Wikipediaの記述は以下の通り。

Rime is also an alternate spelling of "rhyme":

また、goo辞書の英和辞典にも両方の意味で乗っています。そのため、詩人専用のWSであること、またMordantとの取り合わせから rime=rhyme の意味であると思い初稿を書きました。それ以上の根拠はありません。なので、断定的な表現は避けるべきだったかもしれません。必要とあれば訂正して頂いた方が良いかもしれません。
[22455] 2008/10/20 20:41:45 (C6JlKD2FdX7Y)違反の申告
英語はあまり得意じゃないので無知で申し訳ないですが
名称の訳は本当に「辛辣な詩」で合っているのでしょうか?
いくつかのオンライン辞書でRimeを訳してみたのですが
いずれも「白霜(で覆う)」といった訳でした。
白い水晶片のようなものが敵を包むエフェクトからも、
私はRimeは「白霜」だと思っていたのですが…

押韻、詩の意味のライムは「Rhyme」と辞書にありましたが、
こちらの意味で使われたのなら英語版クライアントでの名称も
Mordant Rhymeとするのではないかな、と少し気になりました。

← 1 →
書き込み数:12  1件目から 12件目までを表示中