アストラルシグナ(あすとらるしぐな/Astral Signa)
両手棍の一つ。
グラフィックモンスターシグナ同様の獣人旗の付いた杖である。
32 366 HP+18 MP+18
召喚獣維持費-2
Lv70~

オズトロヤ城NMTzee Xicu the Manifest」がドロップする他、2017.1.10以降は印章BF「★天誅六人衆」でも戦利品として入手できるようになった。

召喚士的には全てのNQ属性杖を同時に装備出来る高性能装備だが、実際にはどうにもパッとしない。
そもそも、最大の利用価値である維持費-が既にHQ属性杖に負けており、資金があるならばまずそちらを利用する事が普通であるため、いまいち利用価値が低い。
NQ属性杖で軽減してる人にはマイバッグの空きを増やせるためいい装備と言えるが、入手先がHNMクラスの相手であるため、簡単に手に入るとは言いがたい。それ故にレア的な価値で価格も高く仮にこれをお金で買おうとすれば、それこそHQ属性杖が全て揃ってしまいかねない程のギルが必要となってしまう。

また2005.12.13にはこれの上位互換品とも言えるバハムートスタッフが追加されており、さらに2012.7.24から属性杖を束ねた虹杖が流通するようになったことで、レア度以外に見るべき点が存在しなくなってしまった。2017.1.10からはIL119のワスに打ち直すことができるようになったことで、新たな価値が生まれている。ただし、こちらはスペリア装備なので、召喚士キャパシティポイントを稼いでいないと装備できなくなってしまうことに注意。

設定

かつて、オークが滅ぼした魔法国家の文字で柄に呪文を刻ませた、アストラル界への門を開く、といわれる不吉な旗幟*1ヤグードに休戦条約を持ちかけた際、オークの将軍が贈った秘宝。

ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~P125より。

この魔法国家なるものがどこにあり、いつ滅ぼされたのかほとんど明らかになっていない。ただ、魔導剣士の設定では「今は亡き名も失われた魔法国家」としてラゾア大陸にあった国の話が出ている*2。杖の設定にある魔法国家オークに滅ぼされていることから、この2つは同じ国を指していると思われる。つまり、この杖と魔導剣士はルーツを同じくすることになる。

なお年表上では、魔法天晶暦219年にリミララに見出され、天晶暦289年にタビロロタルタル諸部族の族長に伝授し、天晶暦395年頃にサマリリエルヴァーンに伝えて各地に広まっていったことになっている。

クエストレガシー<継ぐ識力>」では、魔導剣士の始祖スヴェルドリードタルタルに「魔法」を見せてもらい、それがラゾアの学徒たちが使っていた自然の力を操る能力と同じようなものだったことに驚いた、という記録が出てくる。

スヴェルドリード天晶暦400年頃の人物であり、中の国ではサマリリの手によって魔法ウィンダス以外の各国にも広まり始めていた頃だった。つまり、ラゾア大陸魔法国家リミララとは別に魔法の技術を発見していたのだろう。

関連項目

アストラルリング】【アストラルアスピス】【アストラルピアス】【アストラルスタッフ】【永久召喚】【魔導剣士】【ワス
*1
きし:旗と幟(のぼり)を意味する。
*2
→ルーンの担い手「魔導剣士」 (2013/03/25)公式サイト
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。