Chumimi(ちゅみみ)
NPCの一人。タルタル♀F6(青銀髪)。
現代およびアビセアにて登場する。

現代でのChumimi

Chumimi

星の大樹の研究員で、星の木の実収穫するための「星の木」を天の塔地下にある「星の木の畑」で育てている。心配症なのが玉に瑕だが、まじめで研究熱心である。星の大樹魔法力の弱体化にも、いち早く気付いていた。
語尾に「っ」を付ける口調が印象的。

黒魔道士AFウィザードアタイア)入手の連続クエストでは、3博士を相手にとてもとても苦労をする羽目に陥る。
「……あわわっ、
 どうしましょう、冒険者さんっ。
 どうにかしてください、冒険者さんっ。」

「このまま、3博士さまにお任せして
 おいていいものか、不安になってきました……。」
「いいえ、信じなくてはっ!
 3博士さまは、ウィンダスの叡智!!
 神子さまも、ご信頼なさっているのですから!!」

アビセアでのChumimi

アビセア-アルテパ(G-7)にて第一キャンプを守っている。
医療隊のリーダーとして活動している。
…が、自分に支給されるはずの黒インクを作成者が使ってしまったり、部下はレポートの提出を忘れたりと、ここでも苦労しているようだ。

関連項目

ウィザードアタイア】【キャストワンド】【3賢者】【思ひ出】【星の大樹】【医療隊レポート回収
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。