ゼラチン(ぜらちん/Gelatin)
食材の一つ。12個スタック可。
骨をぐつぐつ煮込んで作った食材

各種の調理レシピ(スープ、スィーツ類、)で中間素材として用いられる。
調理スキル名取以上ならウィンダス水の区調理ギルドでも購入可能だが、骨細工スキルがあるなら合成で作った方がいくらか割安。

現実世界でもよく耳にするゼラチンだが、これは上記のヴァナにおける解説と同じように動物の骨や皮膚に熱を加え、コラーゲンを分解/抽出したもの。
食用以外にも同じような工程で抽出されたものが接着剤として用いられており、こちらはヴァナにもある「にかわ」と呼ばれている。

販売店舗

エリア店舗名・座標NPC備考
ウィンダス水の区調理ギルド・北E-8Chomo Jinjahl調理スキル名取以上
Kopopo入荷なし。売却時のみ

店舗での販売標準価格は900ギル、売却標準価格は150ギル

合成レシピ

レシピは3種ある。それぞれレシピのスキルが異なり、「巨大な大腿骨」を用いるレシピのスキルが最も高く、完成品の個数も多い。
骨細工見習レシピスキル:13)]
炎のクリスタル
がら×2 + 蒸留水

NQゼラチン×1個
HQ1:ゼラチン×2個
HQ2:ゼラチン×3個
HQ3:ゼラチン×4個
骨細工見習レシピスキル:16)]
炎のクリスタル
骨くず×4 + 蒸留水

NQゼラチン×1個
HQ1:ゼラチン×2個
HQ2:ゼラチン×3個
HQ3:ゼラチン×4個
骨細工徒弟レシピスキル:28)](隠しレシピ)
炎のクリスタル
巨大な大腿骨 + 蒸留水

NQゼラチン×4個
HQ1:ゼラチン×6個
HQ2:ゼラチン×8個
HQ3:ゼラチン×10個

がらから作るならともかく素性の分からぬ骨くずから作る場合は、入手ルートと由来はきれいさっぱり忘れてから合成に取り組みたいところだろう。完成品のその後も気にかけてはいけない。何故か品質は変わらないので、さっさと売りに出して忘れてしまおう。

供給

ゼラチン合成で用意する場合は、完成数が多く必要な素材も少なくて済む巨大な大腿骨を使うレシピが、主に利用されていると予想される。
ダルメルの毛皮目的の革工職人チョコボ掘り師が、副産物として大量に得た大腿骨を処分するためにゼラチンに加工して競売に流すこともあり、これが流通の重要な一角を占めている。なお店売りで処分する場合にも、合成に成功すればNQであろうと倍以上の価格になるため、炎のクリスタルの価格にもよるが自作できるところまで骨細工スキルを上げておいて損は無いだろう。
また、骨細工見習前半には現実的なコストで合成できるレシピがなく*1骨くずを使用したゼラチン骨の矢の10か骨の矢尻の9から一気にあげるルートが取られる事も少なくないため、競売ではこちらの合成品の処分も見られる。

関連項目

がら】【骨くず】【巨大な大腿骨】【腐肉汁】【煮え立つ腐肉汁】【肉汁】【濃厚な肉汁】【狡賢い脳汁】【鋭い脳汁】【蟻人汁】【まろやかな鳥汁
ババロア】【雪山のロランベリー】【チェリーババロア】【クリムゾンゼリー】【ロランベリーパイ】【目玉のスープ】【ブレインシチュー
ババロアポティロン
*1
スキル上げで浪費するには貴重なブラスインゴット黒虎の牙を使うレシピ官給品の改造、入手の限られるがらを使用したゼラチン
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。