スパルタンセスタス(すぱるたんせすたす/Spartan Cesti)
格闘武器の一つ。いわゆるセスタス系に属する。
グラフィックポイズンセスタスと同じ。
Rare
D+20 +113 命中+2
Lv58~

60BFNM天誅六人衆」「蒼の血族」の報酬として入手できることがある。

セスタスの名称はついているものの、セスタス系にはあり得ない隔の長さを持つ。格闘武器の中では5本の指に入るほどの遅さである。しかしD値クロスカウンターをも抜き、Lv60台どころかLv70台の格闘武器でみても指折りの存在。

クロスカウンターが完全に高嶺の花だった時代には、次善の格闘武器として多くのモンクが愛用したという過去を持つ。また、今でこそデストロイヤーワーグバグナウなどの優秀な格闘武器が追加されているが、それらの実装前まではLv75まで十分使っていける代物であった。

売却標準価格は6,235ギル

設定

伝説の古代戦闘民族の名が冠せられた、拳状の格闘武器。肉体を極限まで鍛え抜いていたと伝えられる彼らの武器らしく、非常に重いが、その分強力なパンチが放てるようだ。

ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~P99より。

スパルタンは「スパルタ人の」という意味。現実世界において、スパルタは古代ギリシャの都市国家の1つであり、市民皆兵主義を導入し、厳しい教育方針を取ったことで知られる。多数の被征服民を少数の市民で支配するために、市民は日頃から厳しい訓練で鍛え上げられ、その軍事力でギリシアの覇権を握ったこともあった。

設定で戦闘民族とされているのは、この実際のスパルタ人をモチーフにしているのだと思われる。

関連項目

天誅六人衆】【蒼の血族
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。