黄金銃士隊(おうごんじゅうしたい/Gold Musketeers)
バストゥーク共和国の軍団の一つ。
鉱務省鉱脈調査局の管轄に常設された武装調査隊。
有望な鉱脈の発見を目的としており、他国領はもちろんのこと、獣人の支配地にまで隠密で足を伸ばすが、時には威力偵察することもある。

補給はおろか、連絡さえ困難な僻地や敵地での行動を余儀なくされるため、各隊・各人は独自に判断して動けるように厳しく訓練されている。
その編制は鋼鉄銃士隊と似ているが、総数は60隊程度である。

公式サイト「その、美しき世界」より引用)

初代隊長はフリーゼ(Friese)。筆頭隊長は水晶大戦時がエリヴィラ(Elivira)、現代ではヘルガ(Helga)となっている。偶然かもしれないが、女性が隊長になることが多い。ザザーグ(Zazarg)もかつて黄金銃士隊に所属し一隊を指揮する銃士隊長として活躍した。

独立心が強い部隊であり、管轄が違う軍部とはまた違った思惑で動いているケースも少なくないようだ。
その任務は極端に言えばバストゥークの資源確保、資源戦争の先鋒とも言え、バストゥーククゥダフが事を構えるきっかけともなっている。

関連項目

バストゥーク共和国軍】【共和軍団】【ミスリル銃士隊】【鋼鉄銃士隊
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。