アイスシールド(あいすしーるど/Ice Shield)
の一つ。盾タイプは3。
グラフィック近衛騎士制式盾と同じ。
23 VIT+2 耐氷+20 耐雷+10
被物理ダメージ:アイススパイク
Lv72~

錬金術による合成品2015年1月15日のバージョンアップにてエミネンスと交換で入手できるようになった。

元にダイアシールドを使っている。
被物理ダメージに対しアイススパイクの効果を発動し、敵によっては黒魔法アイススパイクよりも高いダメージとなっている。
スコピオハーネス弱点である耐氷-20を耐氷+20で相殺できる点などからも、同装備を着る際には好んで装備する冒険者もいたようだ。

ただし、アイススパイクの発動率がよろしく無い上に麻痺効果時間が短い他、PTにおいては赤魔道士パライズを打つ後衛が居る場合はアイススパイク麻痺効果がパライズ上書きするため、相談の上使用するのが好ましい。
だが、アイススパイクが発動すれば高い確率で麻痺を与えることが出来、麻痺効果深度もかなり強い。
運が良ければ魔法等も麻痺によって潰せることがあるため、相手を麻痺させる手段を持たないジョブにとっては重宝するかもしれない。

指定生産品クエストで得られるギルドポイントは、NQ:5,565、HQ:????、1日あたりの上限は20,880。
エミネンスで4つ交換してもらい、トレードするとよいだろう。

売却標準価格は5565ギル(NQ)、6890ギル(HQ)。

合成レシピ

錬金術師範レシピスキル:97)]
氷のクリスタル
ダイアシールド + 岩塩 + 蒸留水

NQアイスシールド×1個
HQアイスシールド+1×1個

氷が水に相転移する際には吸熱が発生し周囲の温度が下がる。氷に塩をかけると融解が促進されるため、吸熱が急激に行われる。これを利用してアイスキャンデー等をつくる理科の実験がよくおこなわれるが、この現象を模しているものと思われる。

HQ

アイスシールド+1(Ice Shield +1)」と名称が変化する。
24 VIT+2 耐氷+25 耐雷+10
被物理ダメージ:アイススパイク
Lv72~

出典

同名で過去シリーズにも度々登場している有名な属性*1で、FF1から存在する。
それらシリーズでは大抵「同属性ダメージ吸収」「反属性ダメージ倍増」などの能力が付加されていたが、今作ではそれら属性攻撃に関しては耐性が上がるのみとなっている。

関連項目

ダイアシールド
*1
大抵フレイムシールドなどと一緒に登場していた。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。