Bozzetto Pilferer(ぼつぇっとぴるふぁらー)
アブダルスの模型-レギオンに出現するキキルン族NM
2017年9月11日のバージョンアップで追加された。

出現条件

アンバスケード大典1章で突入するアンバスケードBFアンバスケード-エキスパート」で出現する。

特徴

難度によってお供の数が変わる。

名前ジョブor種族SPアビリティ備考
Bozzetto Pilfererシーフマイティストライク百烈拳絶対回避ブラッドウェポン1ボス。睡眠完全耐性風水魔法による弱体無効。
Bozzetto Scoundrelシーフ絶対回避0-5とてやさでは出現しない。やさしいで1体、ふつうで3体、むずで4体、とてむずで5体出現する。闇属性睡眠有効、光属性睡眠無効
Bozzetto Mine爆弾1爆発すると雑魚が起きる。

特殊技

名称対象効果空蝉備考
カイボッシュ近接単体ダメージ+アムネジア1枚
カットパース近接単体装備変更不可貫通
サンドスプレー前方範囲暗闇貫通雑魚は使用しない
猫だまし視線単体テラー貫通視線を外した場合ヘイトリセットテラーを受けた場合はリセット無し
デッドアイ視線前方範囲攻撃力ダウン防御力ダウン貫通雑魚は使用しない
HPを盗む近接単体HP吸収貫通対象者の最大HPの半分を吸収被ダメージカット装備が無効だがストンスキンは有効
MPを盗む近接単体MP吸収貫通対象者の最大MPの25%を吸収
TPを盗む近接単体TPが0になる貫通
アビリティを盗む近接単体アビリティをランダムに1つ使用済みにする貫通使用するとSPアビリティが発動する。使用済みのアビリティが多いと使用頻度が下がる?(要検証
ステータスを盗む近接単体ステータスをランダムに吸収貫通吸収されたステータスは0になる(装備によるブースト含む)
支援を盗む近接単体歌・ロール風水魔法吸収使用するとHP回復+レベルアップ
(Bozzetto Mine設置)60秒間隔で設置。ヘイトリセット

厄介なアビリティを多く持ち、カイボッシュと盗む系の使用頻度が特に高い。
特にデッドアイ防御力がダウンした状態でカイボッシュを食らうと被ダメが跳ね上がる為、イレース白魔道士のソラス+サクリファイスタゲ持ちの状態異常を早めに治療することで被害を減らせる。
ボスと雑魚でSPアビリティ以外の使用アビリティの違いは無い模様。
魔防が高いのか、精霊魔法の通りはイマイチ。さらにはジオマレーズの範囲下にあっても魔法ダメージが変わらないことから風水魔法そのものが無効であると思われる。高難度では敵のHPも上がっているため、MB戦法は厳しい。
雑魚は闇属性睡眠が有効だが、爆弾が爆発すると青!が点灯して一斉に起きる。

風水魔法ロール呪歌フェイス等のスフィアPCに掛かっていると「支援を盗む」を使用してHPを全回復し、更にレベルアップして手が付けられなくなるため、これらを使用しない攻略が求められる。
強化魔法アビリティによる強化は対象外なので、青魔道士マイティガード等で味方を強化するのが有効である。

ロール・歌・風水魔法無しでの攻略となるため、敵への弱体が非常に重要。戦士アーマーブレイク青魔道士テネブラルクラッシュなどの防御ダウンはとても有効である。赤魔道士がいるなら、ディストラフラズルイナンデーションなどの弱体魔法を入れるなどすると攻略が楽になるだろう。なお、インパクトについてはダメージ自体は通らないが、弱体効果は通る。

HPを盗む」は現最大HPのきっちり半分を盗むため、2匹以上から同時に受けると即死することになる。
爆弾を設置すると微妙に立ち位置がずれるので調整が必要になる。またボスがヘイトリセットとなってうろつくため、盾役が複数いると安定する。雑魚を寝かす戦法の際は起こす効果があるのでなるべくなら破壊しておきたい。
アビリティを盗む」を受けると未使用のアビリティを使用済みにされ、SPアビリティが発動する。雑魚は絶対回避のみだがボスは複数からランダム。ヘイトリセット持ちで常に狙われる可能性があることから、アビリティは温存せず気前よく使った方がよい。

名称対象効果空蝉備考
マインブラスト自身中心範囲攻撃範囲が広い
範囲内の眠ったキキルンが起きる

Bozzetto Mine専用技。

戦利品

難易度に応じたホールマークを入手する。詳細はアンバスケードおよびホールマーク項にて解説する。

名称について

Bozzettoについては【Bozzetto Crusader】項を参照。

Bozzetto Pilferer:pilfererは「こそどろ」という意味。
Bozzetto Scoundrel:scoundrelは「悪党、ならず者」という意味。
Bozzetto Mine:mineは名詞だと「鉱山、地雷」と言った意味がある。この場合は「地雷」だろう。もっとも、性能的には地雷というより時限爆弾だが。

関連項目

アンバスケード】【アンバスケード大典1章
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。