Symbiotic Marid(しんびおてぃっくまーりど)
アブダルスの模型-レギオンに出現するマーリド族NM
2017年4月4日のバージョンアップで追加された。

出現条件

アンバスケード大典2章で突入するアンバスケードBFアンバスケード」に出現する。

特徴

難易度によって敵の数が変化する。

「とてもやさしい」で3体出現。難易度が1つ上がるごとに下位のもの+1体追加で出現。
難易度出現数名前種族得意なもの
とてもやさしい3Symbiotic Maridマーリド
Symbiotic Coeurlクァール
Symbiotic Dhalmelダルメル
やさしい4Symbiotic Tiger剣虎
ふつう5Symbiotic Rabbitウサギ(白)回避
むずかしい6Symbiotic Buffaloバッファロー
とてもむずかしい7Symbiotic Opo-opoオポオポ

最初は全てノンアクだが、時間経過でアクティブ化してウサギから襲ってくる。
モンスターの範囲回復を受けると動きだすことがある(100%かは要確認)*1。。
「とてもむずかしい」で、クァールウサギ剣虎バッファローオポオポマーリドダルメルの順番で倒し、最後の1匹までノンアクだったケースもある模様。

それぞれの個体は「何かが得意」で、戦闘不能になると「サックセッション」(100%発動)を使用し、その得意な何かを周りにプレゼントするというギミックを持っている*2

戦利品

難易度に応じたホールマークを入手する。詳細はアンバスケードおよびホールマーク項にて解説する。

名称について

symbioticは「共生の」という意味。出現するモンスターたちは普段共に生きているのだろうか*3

関連項目

アンバスケード】【アンバスケード大典2章
*1
第十一回ですてにぃといっしょにて「最初はみんなぐっすりの状態」と説明されているので、最初は睡眠状態になっている可能性がある。
*2
第十一回ですてにぃといっしょより。
*3
実装当時の開発チーム内ではアニメ「けものフレンズ」が流行っており、第11回ですてにぃといっしょでは出現するビースト類NMのことを「フレンズ」と呼んでいるので、様々な種族が仲良く暮らすけものフレンズをイメージしているのかも知れない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。