早乙女具足(そうとめぐそく/さおとめぐそく/Saotome Armor)
裏世界デュナミスで手に入る、レリック装束一式。
いわゆる、アーティファクト2

名称部位Lv性能入手場所
早乙女桃形兜7525 HP+20 命中+10 飛命+5
敵対心+1
デュナミス-ザルカバード
/デュナミス-タブナジア
早乙女胴丸7450 HP+34 VIT+6 ストアTP+3
敵対心+1
デュナミス-ボスディン
/デュナミス-タブナジア
早乙女筒篭手両手7321 HP+10 +10
敵対心+1 黙想効果アップ
デュナミス-バストゥーク
/デュナミス-クフィム
早乙女板佩楯両脚7240 HP+18 AGI+3
敵対心+1 心眼性能アップ
デュナミス-ウィンダス
/デュナミス-ブブリム
早乙女筒脛当両足7118 HP+23 DEX+5 +8
敵対心+1
デュナミス-ジュノ
/デュナミス-バルクルム

能力的にはやや微妙と見られがちだが、早乙女筒篭手黙想効果アップが付いているほか、命中+とHP+のある早乙女桃形兜や、DEX+5と攻+8のある早乙女筒脛当など、隠れた良性能ぶりを見ることができる。

早乙女具足

早乙女具足

ジュノ港NPCSagheeraに必要なアイテム劣化レリック装束、補填用素材手数料旧貨幣)を揃えて渡すことで打ち直してもらえる。

名称部位Lv性能必要アイテム
早乙女桃形兜改7526 HP+20 命中+12 飛命+7 敵対心+1劣化早乙女桃形兜
ゴールド板
1バイン紙幣24枚
早乙女胴丸改7551 HP+34 VIT+7 ストアTP+5 敵対心+1劣化早乙女胴丸
伊予札
1バイン紙幣22枚
早乙女筒篭手改両手7522 HP+20 +12 敵対心+1
黙想効果アップ
劣化早乙女筒篭手
野牛の撓革
1バイン紙幣20枚
早乙女板佩楯改両脚7541 HP+33 AGI+4 敵対心+1
心眼性能アップ
劣化早乙女板佩楯
野牛の撓革
1バイン紙幣20枚
早乙女筒脛当改両足7519 HP+23 DEX+6 +10 敵対心+1劣化早乙女筒脛当
野牛の撓革
1バイン紙幣20枚

早乙女具足

メイジャンの試練強化することにより、以下の性能になる。
オーグメント打ち直した後に指定エリアにて+2装束装備した状態で経験値を20000pt稼ぐことによって得られる。

名称部位Lv性能オーグメント必要アイテム*1指定エリア
真早乙女桃形兜9033 HP+28 STR+5 命中+15 +15
飛命+9 飛攻+9
意気衝天効果アップ忘れ去られた願い50個デュナミス-ザルカバード
デュナミス-タブナジア
真早乙女胴丸9065 HP+48 STR+9 VIT+9 命中+9
ストアTP+7
正正堂堂効果アップ忘れ去られた面影50個デュナミス-ボスディン
デュナミス-タブナジア
真早乙女筒篭手両手9027 HP+28 命中+15 +15 黙想効果アップ峰打ち効果アップ忘れ去られた感触50個デュナミス-バストゥーク
デュナミス-クフィム
真早乙女板佩楯両脚9052 STR+6 AGI+6 +8 回避+8
心眼性能アップ
士気昂揚効果アップ忘れ去られた道程50個デュナミス-ウィンダス
デュナミス-ブブリム
真早乙女筒脛当両足9023 HP+32 STR+7 DEX+7 +12
ストアTP+5
明鏡止水効果アップ忘れ去られた足跡50個デュナミス-ジュノ
デュナミス-バルクルム

敵対心アップが全ての部位から削除され、より攻撃的な性能へと進化を遂げている。

左近士具足

アイテムレベル109への打ち直しが可能。詳細は【左近士具足】項を参照のこと。

由来

随所にほどこされた金覆輪(きんぷくりん)が華やかなこの鎧は、東方の高名な甲冑師、早乙女(そうとめ)一門が手がけたと伝えられる由緒正しき具足である。

ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 ファッション2007早乙女具足」より抜粋

現実世界の早乙女も甲冑師の一派で、AF1に名を冠する明珍派と同様、実在した甲冑師一派である。得意としたのは桃形兜ではなく、筋兜だそうだが。

ちなみにリアル世界の早乙女派の読みは「さおとめ」ではなく「そうとめ」らしく、ヴァナ・ディールでも(スクウェア・エニックス自身が提供しているFFXI総合辞書から判断する限り)日本語では「そうとめ」が正式な読みとして認知されている模様。英語名は「さおとめ」なので、両者の読みが一致しないという奇妙な状況になっている。他に昆吾板なども同様である。

関連項目

明珍具足】【雲海具足】【レリック装束】【レリックカスタム】【レリック装束+2】【早乙女腰当】【左近士具足
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
既にレリックカスタムからの強化になる場合は各30個必要。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。