ミステルテイン(みすてるていん/Mistilteinn)
片手棍の一つ。
22 216 INT+10 MND+10
潜在能力:リフレシュ
Lv70~

クゥルンの大伽藍クゥダフZa'Dha Adamantking」がドロップする*1

潜在能力の発動条件は「TP30以上のときにTP30/3sec消費して発動」*2
実装当時はリフレシュ付きの装備品が希少であったゆえ注目された。しかし単にTPMP変換したいだけならスターライトムーンライトを使用すれば良く、更に発動時のリフレシュ効果は+1MPということもあったため、本装備の魅力は当時最大のINT/MNDの上昇量にあったといえるだろう。

かつては亀神があまり狩られない事やドロップ率の低さから流通量が少なかったが、9周年記念モグボナンザの4等賞品に選ばれたこと、そしてこれが4等賞品の中で唯一競売に出品可能なものだったため、換金目的で多数のプレイヤーが交換・出品したことにより、どのワールドでも流通量・値段ともに手ごろなものになっている。

INT/MNDの上昇量は、このレベル帯では最高クラスを誇る。
精霊魔法レジスト重視の弱体魔法では属性杖が鉄板だが、INT/MNDブースト効果深度アップを見込める魔法では活用できる。

実装当初はヘルプテキストが「リフレッシュ」となっていたが、2003年10月21日のバージョンアップで修正された。

2017年1月10日のバージョンアップIL119(スペリア2)の装備アメス(+1)」へと強化できるようになった。

売却標準価格は2,805ギル

ミステルテイン

出典

北欧神話から。ミステルは宿木、テインは細長い物(つまり杖や槍など)の意。
光の神バルドルが自分の死を予感させる不吉な夢を見たため、バルドルの母フリッグは、世界中の者に頼んでバルドルを傷つけないことを誓ってもらう。
しかしここでロキが1本のヤドリギだけが誓いをたてていないことを突き止め、それで作った武器をバルドルの盲目の兄弟ヘズに投げさせたため、バルドルはそれに貫かれて死んでしまった。
この事件がラグナロクへの始まりとなる。

世界設定

設定資料集では次のような設定が公開されている。
伝説の「宿り木」から削りだしたワンド。かつて、サンドリアの始祖ランフォルが所有していたことが記録に残されているが、現在は行方不明。手にした者に叡智を授けるといわれている。
ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~P101より

ミステルテインがどのような経緯で金剛王ザ・ダが所持するに至ったかは明示されていないが、ランフォルは381年にクゥダフドゥ・ダと会見し、両勢力は同盟関係を結んだことがある*3
この際、クゥダフ王にランフォルが見返りとして何を約束したのかは歴史の闇の中とされていることから、このアイテムが取引に使われた可能性もある。ただし、前述のように明言はされていない。

関連項目

Za'Dha Adamantking】【アメス
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
2017.1.10印章BF「★鉄甲突撃隊」の報酬に追加されたものと思われるが、要確認。
*2
TP3桁表記だと、「TP3%以上のときにTP3%/3sec消費して発動」となる。
*3
ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~P130より
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。