風魔手裏剣(ふうましゅりけん/Fuma Shuriken)
投てき武器の一つ。99個スタック*1
72 192
Lv60~

合成によって作成できる他、ギルドショップでも販売している。また、合切袋【風魔】から99個取り出すことができる。

ダメージ両手武器並、間隔は短剣並と、D/隔だけに着目すればレリックウェポンミシックウェポンエンピリアンウェポンLv90まで強化したものすら凌ぐ性能を持つ。

とはいえ実装当初は様々な制約があり、使われる機会はほとんどなかった(後述)。2014年10月7日のバージョンアップで性能が調整され、使いやすくなっている。

風魔手裏剣

販売店舗

エリア店舗名・座標NPC備考
バストゥーク港天晶堂バストゥーク支店・F-6Silver Owl入荷なし。売却時のみ。
ノーグ天晶堂ノーグ支店・I-8Jirokichi
ナシュモ天晶堂ナシュモ支店・G-7Tsutsuroonメンテ後の初期入荷のみ。定期入荷なし。

売却標準価格は1,125ギルだったが、2014年10月7日のバージョンアップレシピの調整と共に112ギルに引き下げられ、2015年5月14日のバージョンアップ合切袋【風魔】の販売(7,000ギル)が始まると共に50ギルに引き下げられた。

かつてはジュノ天晶堂のAkamafulaも買取をしていたが、2018.4.4ギルドショップから通常ショップになると共に取り扱わなくなった。

合成レシピ

鍛冶皆伝レシピスキル:85)]
彫金名取レシピスキル:42)]
風のクリスタル
玉鋼 + ミスリル板 + ゴールドインゴット + 水銀

NQ風魔手裏剣×33個
HQ1:風魔手裏剣×66個
HQ2:風魔手裏剣×99個
HQ3:風魔手裏剣×99個

歴史

実装当初のレシピでは完成個数は以下のようになっていた。

NQ風魔手裏剣×3個
HQ1:風魔手裏剣×6個
HQ2:風魔手裏剣×9個
HQ3:風魔手裏剣×12個

NQでは1度に3個しか完成せず、「投げるゴールドインゴット」と言ってもいいくらいにコストが掛かっていた。さらに1スタック12個であったため、持ち歩く際非常にかさばるという欠点も併せ持っていた。

常用すればこのレベル帯では計り知れない破壊力を持つものの、忍者はただでさえ忍具ギルマイバッグが圧迫されており、この武器まで常用できる忍者は皆無に等しかったと言えるだろう。

そのため合成で作られることはほとんどなく、高レベル忍者獣人からのドロップ品がたまに競売に流れる程度であった。

2014年10月7日のバージョンアップでは、忍者ジョブ特性打剣」が追加されると共に、スタック数が12個→99個に変更され、また合成での完成数も引き上げられた。それに伴い、売却価格も引き下げられている。

解説

風魔手裏剣FFIVVIに登場した投擲武器IVVでは値段が馬鹿みたいに高い代わりに高威力という特徴を持っており、FFXIでもこの路線を踏襲しているようだ*2

なお風魔とは、風魔小太郎を頭領とし、北条家に仕えた忍者集団のこと。北条家が豊臣秀吉に滅ぼされた後は盗賊となり、家康に処刑された。

関連項目

手裏剣
Copyright (C) 2002-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
2014年10月7日のバージョンアップまでは12個スタックだった。
*2
もっとも、旧FFシリーズではラスボス戦という活躍の場があったという点で異なっている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。