ベビーモス(べびーもす/Behemoth Cub)
モンスターの一つ。ベヒーモスの幼体。

ベビーモス

戦闘可能なモンスターとしては存在せず、モンスター飼育のみで見ることができる。モンスター飼育(ランク6)ベヒーモスを迎え入れると現れる。

体は小さいながらも既にたてがみや角が生えており、ベヒーモス族の基本的な特徴は既に備えている。

独自グラフィックの幼体はどの種族でも大抵かわいらしいが、ベビーモスは目つきが鋭く、どのように触れようとしても嫌がるなど、愛想の欠片もない。さすがは恐獣ベヒーモスの子供と言ったところで、簡単には人に慣れないようだ。

名称について

このモンスターに関しては子ベヒーモスではなく、ベビーモスという名前になっている。英名ではBabymothではなく「ベヒーモスの幼獣」といった名前になっている。

スクウェア・エニックス作品全体で見ると、SFC版「半熟英雄」においてFFシリーズベヒーモスのパロディキャラとして登場したのが初となる。
FFシリーズでは、外伝作品ではあるが「光と闇の姫君と世界征服の塔 ファイナルファンタジークリスタルクロニクル」にベビーモスというモンスターが登場する。ただし、こちらは幼獣ではなく小型化したベヒーモスという意味。

ナンバリングタイトルではFF14でミニオン(ついてくるだけの愛玩動物みたいなもの)として登場している。ただし、FF14ベヒーモス(大人)はFF11と同様の姿だが、14ベビーモスは11と違って大変かわいらしい*1

関連項目

ベヒーモス】【モンスター飼育】【ベビーパウダーIII
Copyright (C) 2002-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
もっとも、FF14では「ベヒーモスの幼生体という触れ込みで売られていた謎の魔獣」という設定なので、本物ではない可能性が高いが。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。