あわい(あわい/The Man Behind the Mask)
星唄ミッション第2章第40節。
無の使者に勝利したが、
大きな衝撃に襲われて意識が遠のき……。
「時」が揺らいだ空間で、未来の
自分自身が語りかけてきた……。
いったい、何が起きたのだろうか。
イロハはどこにいるのだろうか。
ノーグへ戻ってみよう。

ノーグ(K-8)のOaken Doorを調べるイベントだいじなもの星唄の煌めき【六奏】」を入手する。

前節あわい次節
遥かな分岐点時の溜り

名称について

あわい」は「間」「淡い」の2つが考えられる。「間(あわい)」の場合、「物と物の間、時間と時間の間、人と人の間柄、形成」といった意味になり、「淡い」だと「薄い、ぼんやりとした」という意味になる。

この場合はミッションの名前なので、名詞の「間(あわい)」の意味で、未来と現在のヴァナ・ディール、ないし未来と現在の自分の間柄を意味していると思われる。もしかしたら、現在と未来の間で揺れ動くヴァナ・ディールに「淡い」という言葉もかけているかも知れないが。

英語名だと「仮面の下の人物」といった意味で、全く異なる名前になっている。

関連項目

星唄ミッション
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。