シャルウル(しゃるうる/Nehushtan)
片手棍の一つ。2014年8月12日のバージョンアップで追加された。
Ex
184 352 INT+6 MND+6 命中+27
魔法ダメージ+130 片手棍スキル+228
受け流しスキル+228 魔命スキル+188
Lv99~
               <ItemLevel:119>

店売り不可。オーグメントが付いていない状態であれば同アカウントの別キャラクター宅配可能。

アルビオン・スカーム-シルダス洞窟〔U〕のボスモンスター「Mistmaw Xelhua」(赤いベヒーモス族亜種)がドロップする*1。これらのスカーム武器霊石O.フラッグメントを用いてA.グリプトを刻むことができる。付与されるオーグメント性能は使用した霊石によって異なる。

片手棍とは思えない高いD値を持つが、両手武器並みに長い。命中+27と大きなブーストが付いているうえに、A.グリプト次第ではさらなる増加も見込める。高いD値によりレルムレイザーなどの片手棍WSの大きな味方となるだろう。ただし同IL119の他の武器に比べて片手棍スキルは+228と抑えられている。サブに装備してもメイン・サブ両方の命中が上がるため、メイン片手剣青魔道士命中ブーストにも使える。遠くからグルーティナスダート連打など、物理系青魔法命中を高めたいときにも有効。

一方で魔法攻撃武器としてみた場合、魔法ダメージ+が大きくA.グリプト次第ではさらなる魔攻増加が見込めるが、魔命スキルは+188とIL119武器としては平凡で、格上相手にはレジストが目立つ。片手棍二刀流の場合には、メインにさらなる魔命をもつ装備のほうがよいだろう。サブでもA.グリプトファストキャストなどは有効となる。

シャルウル

アーケイン・グリプト

白石・緑石・黒石でそれぞれ1つずつアーケイン・グリプトを付与できる。
上書きについても同色のものが上書きされ、別の色の石で付いたアーケイン・グリプトには干渉しない。

白石

 命中+攻撃命中+
攻撃+
飛命+飛攻+飛命+
飛攻+
魔命+魔攻+魔命+
魔攻+
防御+回避+魔回避+
鋭い白石2~83105~82~4
鋭い白石+1511
鋭い白石+2
細い白石76~881~2352~5
細い白石+12
細い白石+2
薄い白石1~21~2521~19
薄い白石+11~1114910
薄い白石+26

 ペット:○○
 命中+
飛命+
攻撃+
飛攻+
魔命+魔攻+防御+回避+魔回避+
丸い白石1~1717
丸い白石+1
丸い白石+2

緑石

 ヘイスト+ケアル回復量+ワルツ回復量     
鋭い緑石13%
鋭い緑石+13%
鋭い緑石+2
 被ブレスダメージ-ストアTP      
細い緑石1%
細い緑石+1
細い緑石+24
 FC+MBダメ+被魔法ダメージ-ケアル回復量+ケアル詠唱時間ストアTP+DA+
薄い緑石13%
薄い緑石+143%2%4%42
薄い緑石+26%

 ペット:○○
      
丸い緑石
丸い緑石+1
丸い緑石+2

黒石

 AGI STR+DEX INT MND QA D値 魔法D値
鋭い黒石+1
鋭い黒石+124
鋭い黒石+2
 
細い黒石
細い黒石+1
細い黒石+21614
 
薄い黒石16
薄い黒石+1
薄い黒石+210

 ペット:○○
 
丸い黒石
丸い黒石+1
丸い黒石+2

歴史

名称について

シャルウル(Sharur)はメソポタミア神話に登場するニヌルタ(ニンギルス)の持つ棍棒。
意思を持っており、アサグとの戦いにおいてもアドバイスを行うなどニヌルタを助けている。

実装時点では和名(シャルウル)と英名(Sharur)は一致していたが、2014年9月9日のバージョンアップでなぜか英名のみ"Nehushtan"に変更された。*2

ネフシュタンは旧約聖書に登場する青銅の蛇の像。日本語では「青銅の蛇」と呼ばれる。ある時神とモーゼに不平を述べた人々へ天罰として炎の蛇が遣わされたが、モーゼが神のお告げで作った蛇の像を仰ぐと、炎の蛇に咬まれても死なずに済んだという。

関連項目

アルビオン・スカーム
Copyright (C) 2002-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
ただし100%ドロップではなくオリンディクス両手槍)との抽せんである。
*2
シャルーアと被っていたためであろう。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。