ハーバートン家(はーばーとんけ/The Order of Haverton)
アドゥリン十二名家の一つ。
古くは烏騎士家と呼ばれ、
スカウトマイスターを務めている家系。
現在の当主はマルグレート
情報収集やそれに必要な技術を学び、
記者や諜報員になる者が多い。
東アドゥリンSCT.ワークス前に屋敷を構える。

セレニア図書館の書物より)

初代当主(烏騎士)はヨルシア。烏騎士の名はヨルシア暗闇から獲物を仕留める鋭さを漆黒の「烏」に喩えたことから。

スカウト・ワークスの業務と重複する部分が多いことから、ハーバートン家を核としてスカウト・ワークスが創設されたことがうかがえる。

なお、アドゥリンの断章では2名の記者が登場するが、こちらはハーバートン家人間ではない。ハーバートン家にも記者がいることから、おそらくアドゥリン・エグザミナー以外にも新聞などの広報機関が存在するのだろう。

関連項目

神聖アドゥリン都市同盟】【十二名家】【スカウト・ワークス
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。