血塗られた道(ちぬられたみち/Blood and Glory)
両手棍EVWS修得クエスト

依頼者は、ウィンダス石の区博士邸宅(K-7)にいるシャントット(Shantotto)
発生条件は、Lv71以上の当該ジョブ)、かつ両手棍スキル230以上の状態で話しかけること。他のEVWSクエストが進行中でないこと。
両手棍の名選手としてデビューするため
与えられた両手棍で修行あるのみ。
その先に待つのは、栄光の星か?
もしくは血塗られた……

  1. 石の区(Home Point #3→ K-7)にいるシャントットからトライアルポール受け取り「潜在消し」を終える。
  2. 依頼者武器トレードしてだいじなもの試練の地図を入手。
  3. イフリートの釜MAP[6](H-7)にある???調べるポップするNM「Cailleach Bheur」に勝利する。
  4. 再度???を調べて試練の書(だいじなもの)を入手。
  5. 依頼者に話しかけるとクエストクリア

???への行き方
  1. ウォンテッドエリアワープ(CL125)でイフリートの釜に行けば、少し南に下るだけで目的地に行くことができる。
  2. イフリートの釜HPワープが可能なら、HPのあるマップ(I-5)→次のマップ(J-8)と行けば近い。
  3. ヨアトル大森林(I-5)から入ったマップ(F-6)→次マップ(I-8)→次マップ(J-8)から入ったマップTarasqueと同じマップである。

コンプリート時には、報酬としてEVWSレトリビューション」が会得できる。

NMの強さは、Lv75キャップ時代には全EVWSNM中最強と呼ばれ恐れられていたが、レベルキャップ上昇後はサイレス魔法を封じてしまえばすんなり勝てるようになった。とはいえ、周囲の雑魚と纏めて相手に出来るほど弱くはないのである程度掃除はしておいたほうが良い。また黒タイプのであるため、高確率でアイススパイクを使用してくるのでその点にも注意。

EVWSクエスト全般では「トライアルポール」など必要な武器を紛失しても依頼者に話しかけて特定の選択肢を選ぶことで再取得(代償として今までの潜在消しカウントをリセット)できる。他のクエストでは「もう無くすなよ」といった(そっけない)ニュアンスの返事と共に渡されるが、本クエストは「Shantottoの性質が伺える」特殊な言い回しが聞ける。別にShantottoがキレて戦闘不能になったりはしないので、潜在消しを始める前にぜひお試しあれ。

なお、本クエストは、片手棍EVWS修得クエスト口の院の悲劇」とストーリー面で繋がっている。魔道士にとっては背筋も凍る(?)ストーリーが楽しめるというもっぱらの評判らしい。

英名は「血と栄光」。

台詞

普通にクエストをこなしてしまうと見逃してしまう、以下の2パターンのみ紹介する。
他のEVWS修得クエストと比較すると、とても長い。

  • 武器をなくした時
    なくしたですって!?
    ああ……、張り切って
    振り回しすぎたのではありませんこと?
    わたくしも、振り回しているうちにいつのまにか
    どこかへふっ飛んでることがありましたわ。
    まぁ、やる気があるのは
    結構なことですけれどもね。オホホホ!

  • クエストをあきらめる」を選択した時
    ……。
    特訓といえば、やはり挫折がつきもの。
    挫折を乗り越えてこそ、一流の鈍器……
    両手棍の選手になれるというものですわね。
    わかりましたわ。
    わたくしはあえてこう言わせてもらいますわ。
    「ああ、やめちまえ!
    その両手棍も捨てちまえ! おめぇみたいな
    ヒヨッコについてきたその両手棍も泣いてらぁ!」
    オホホホ!
    鬼コーチっぽくなってきましたわね!
    その両手棍、本当に捨てておしまいになってね。

NMの出典

Cailleach Bheur(カリアッハ・ヴェーラ)は、スコットランド地方における冬の妖精。青白い顔をした片目の老婆で、冬の間(ハロウィンから五月祭まで)だけ活動し、夏は石に姿を変えている。彼女の持つ杖は不思議な力を持っており、その杖で木に触れると落葉し、川や池に触れると凍りつくと言う。

関連項目

レトリビューション】【EVWS】【潜在消し】【トライアル武器】【口の院の悲劇】【Shantotto
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。