アクアリウム(あくありうむ/Aquarium)
調度品の一種。

の入った水槽という風情であり、水草や砂底などで自然環境が再現された美しいグラフィックで人気のある調度品のシリーズである。名前には「アクアリウム」を含まないが、以下では金魚鉢闘魚鉢アクアリウムの一種として扱う。

7つ(金魚鉢系を含めなければ5つ)のアクアリウムが2回に分けて実装されており、時期によってやや性能は異なっている。またアクアリウムではないが、2009年には虫を鑑賞できる○○ケージという調度品も追加されている。

一覧

名称実装時期
金魚鉢金魚黒出目金金魚水2005.7.19
アクアリウム〔河〕ピピラ淡水
アクアリウム〔海〕ムーリシュアイドル海水
闘魚鉢ベタランプマリモ金魚水2006.7.25
アクアリウム〔川〕カヤバルウ淡水
アクアリウム〔湾〕ビビキーチョコボ海水
アクアリウム〔礁〕コーラルバタフライ海水

製法

大まかにアクアリウム系と金魚鉢系のレシピに分かれる。アクアリウム系は高弟皆伝クラスの木工スキルが必要で、木工職人の手を介さなければ作るのは難しい。

金魚鉢系は必要なスキルは低いが、材料にEx属性イベントアイテム金魚水セット」が含まれているのがネックとなる。合成スキルを上げて自力で作るか、あますず祭りの期間中に金魚職人に渡して作ってもらうことになるだろう。



共通性能

属性は水でモーグリの応援は「合成」。収納は1で属性値も低いため、何かを収納したり属性値を調整するなどの実用用途には向かない。あくまで観賞用と割り切って使うことになるだろう。

なお、モグハウス内で表示できるエフェクトは上限が決まっている。泳ぐもシステム上はエフェクトの一種であるため、エフェクトのついている調度品が多いと、エフェクトが見えない、つまりが消えたように見えることがある。

ログアウトや入り直しをすれば再び見えるようになる。安定して魚を観賞したいのであれば、エフェクトのついている調度品の数を絞るのも1つの道だろう。

歴史

2005年7月19日のバージョンアップ

このバージョンアップで初めてアクアリウムが登場した。

合成品でありながらRare属性を持つという特異な調度品で、同じアイテムを持っているときに合成をすると失敗してしまう。

2006年7月25日のバージョンアップ

前年度に実装されたアクアリウムと異なり、Rare属性が外されている。全体的に必要なスキルは上がっているが、基本的な性能は同じ。

2017年5月10日のバージョンアップ

最初に実装された水槽のうち、アクアリウム〔河〕アクアリウム〔海〕Rare属性が外された。金魚鉢Rare属性は据え置かれている。

関連項目

調度品】【エフェクト
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。