亀列車(かめれっしゃ)
初期のパルブロ鉱山で頻繁に見かけられたクゥダフによる大トレイン

パルブロ鉱山の3Fには直接移動できないが先が見通せる鉄格子が存在し、その鉄格子の側で戦闘すると格子裏のクゥダフも反応し、リンクする性質から到着時にはアライアンスですら一瞬で壊滅させるほどの大集団を引き連れてやってくることもあった。こちらは格子の手前から奥のクゥダフに敵対行動をとることで再現が可能。多数のクゥダフが一斉にやってくる姿を見れば当時の恐怖を思い知るであろう。ただし周りに低レベル冒険者がいないことを十分に確認してからにしていただきたい。

かつてパルブロ鉱山は、バストゥーク人にとってはミッション1-3「終わらぬ戦い」で避けては通れない要所であったが、当時は低レベルサポなしソロで倒すのは困難なOnyx Quadav以上しか人形をドロップしなかったためパーティで逃走不可能なほど奥深くまで潜入しなければならず、多くの冒険者がこの鉱山列車の下敷きとなった。

この状況において4種の人形をパーティメンバー間のロット勝負で集めることは非常に困難であり、数的に有利であると思われたバストゥーク人は長期にわたりグスタベルグ地方に閉じ込められコンクエ万年最下位時代を生み出すこととなった。
鉄 格 子 に 近 づ く な!

壁 に よ れ 壁 に !

という教訓も今となっては懐かしい。

バストゥーク出身者にはいまだにクゥダフ=危険のトラウマを残している者もいる。

現在では数少なくなった初期PCの中には、裏世界実装時に当時の悪夢がフラッシュバックした者もいるらしい。
今は修正されているのだが、実装当時のデュナミス-バストゥークにはこんなエピソードもある。
そもそも忍者タイプの獣人には、微塵がくれを使用した際に元のpop位置に戻るという仕様が存在した(裏に限らず全エリア共通ではあったが)。
それに加えて、デュナミス-バストゥーク錬金術ギルド方面、立体構造になっている区域の忍者獣人は、なぜか地下部分でpopした個体でも地上(いわゆる2階と言われる部分)の同座標に移動するというバグがあったのである。
手付かずの区域に再popした後、元のヘイトリストを頼って経路上の石像やら獣人やらを手当たり次第に引っ掛けて戻ってくる様は、まさに裏版「亀列車」そのものであった。

ちなみに現在では、この元の座標に戻るという挙動自体が微塵がくれを使用しても使用した位置で再び立ち上がるというものに変更されている。

関連項目

亀の呪い
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。