Gotoh Zha the Redolent(ごとーじゃ・ざ・れどれんと?)
Gotoh Zha the Redolent
ワジャーム樹林に出現するマムージャ族ノートリアスモンスター。「芳香のゴトージャ」。2008年6月10日のバージョンアップで追加された。

アトルガン白門サブクエスト花鳥風月」に関連するNM群の一体。マムージャ蕃国系統の第三段階に属するトリガーNMである。(系統・段階については【割符】項を参照)

出現条件

マムージャ蕃国系統の第二段階のNMを倒し、だいじなもの萌葱の割符」を手に入れる。これを所持した状態でゼニと交換でSanrakuよりトリガーアイテムシープボトフライ」を入手。

この「シープボトフライ」をワジャーム樹林(F-5)、ギワブ監視塔北にある???トレードする事でPOPする。当該地点へは、Survival Guideワジャーム樹林からマウントで向かうとよい。
辺りに虫の破片が落ちている……。

特徴

以下のメッセージと共に出現する。
……なにかが近づいてきた!!

以下はLv75キャップ時代の内容である。

HPは約40000、攻撃能力が高く基本的にアライアンス推奨。
POPした時点では黒魔道士でありガ系を多用する。スタンが有効なため詠唱を中断させる事も可能だが、魔法使用間隔が15秒と短く、強めのファストキャストも備えているので注意が必要。また、魔力の泉も使用してくる。ガ系精霊魔法を連続して使われると一気に崩れる恐れがあるので、盾役を含む前衛HPを常に上限近く維持できるよう気を配りたい。

杖を破壊する(通常のマムージャと同じくクリティカルで壊れることがある)か、ステーヴトス(単体・幻影無視の杖投げ攻撃)が発動すると突然白魔道士ジョブチェンジ、以後は黒魔法を一切使わず白魔法のみを詠唱するようになる。白魔道士になってからは、攻撃間隔はそのままに常時2回攻撃となり、魔法使用間隔は30秒に延びる。またHPが50%を切ると黒時に魔力の泉を使用したかどうかに関わらず女神の祝福を使用。

使用するTP技は通常のマムージャ族のものに加え、ワームアップの後にグランドバーストを使用する(連続技ではなく、ワームアップの次のTP技グランドバーストに固定される)。なお黒時はラッシングドラブステーヴトスHP50%以下から使用判定、1回のみ)しか使わず、白にジョブチェンジしてから他の技を使うようになる。
特性としてファストキャストを備え、睡眠静寂完全耐性、またヘヴィバインドに対し徐々に耐性を持つようになる。さらに移動速度も早めとマラソンしにくいことこの上ない。
使用する魔法は、
黒時:ファイアIV・ファイガIII・ブリザガIII・サンダガIII・スリプガスリプガII・ポイゾガII・ブラインチョークショックショックスパイク
白時:プロテスIV・シェルIV・ヘイストバニシュIII・バニシュガIII・ディアガII・ホーリーパライズスロウポイゾナパラナブライナバブリザラHP40%以下からケアルV・ケアルガIV

序盤よりも精霊魔法を使わなくなる戦闘後半のほうが楽だという、珍しいタイプのモンスター。この為、黒魔道士状態の前半を一気に押し切り、さっさと女神の祝福を使わせて白魔道士にしてしまった方が良い。
ただし、白魔道士になると魔法使用間隔が延びる事からマラソンは若干しにくくなる。

黒魔道士の特性を備えていることもあってかファイアースピットグランドバーストの威力が高く、高位シェルを受けていても後者は1000近いダメージを受ける。
グランドバーストは来るタイミングがある程度予測できる上に溜めも比較的長いのでスタンで潰すことができ、完封できれば戦闘はかなり有利に進めることが可能となるだろう。

戦利品

戦利品ゴトージャの襟巻ナーゲルリングエンキドゥミトンオーラムクウィスウォーターグリップライトグリップ
ゴトージャの襟巻Sanrakuに渡すことで、だいじなもの烏羽の割符」を手に入れることができる。

名称について

Redolentはそのまま「芳香のある」という意味。金敷のブーボーローと同じく、なぜかマムージャの命名法則から外れた名を持っている(通常は「○○(二つ名の) ×× Ja」)。

2つのNMは命名規則が入れ違いになっているように見えるが、何か関係があるのか、それとも単なる誤記の類なのかは定かではない。

関連項目

花鳥風月】【割符
Copyright (C) 2002-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。