敵兵装備偵察(てきへいそうびていさつ/Deep Cover)
カンパニエopsの任務の一種。
指令書「諜報工作」より受領できる。
実際に受領できる任務は所属国ごとに分かれており、また、難易度ごとにI~IIIが存在する。
1人専用任務である。

ただし、大まかな内容は難易度に関わらず共通している。

受領後、座標と名前を指定された偵察総監NPCから「魔写器」と「魔影板×5」を渡されるので、これで敵の写真を撮ってくる。
撮影方法はパンクラティオンおよび花鳥風月に使う「獣写器」と同じ。すなわち、レンジウェポンスロット魔写器を、矢弾スロット魔影板装備した状態で、撮影対象をターゲットし、エンチャントアイテムとして魔写器を使用する。
この際、魔写器Rare属性がついているため、すでに魔写器を持っている場合は使用回数が残っていたとしても、そちらを捨てない限り次を受領できないので注意。

王国軍ならオーク共和国軍ならクゥダフ連邦軍ならヤグード撮影する。

敵の正面から撮った写真でなければ突き返されるため、撮る際は注意しよう。また、距離もかなり接近した状態、ほぼ密着状態*1でなければならない。
知覚遮断状態では撮影できないため、必然的に絡まれながらの撮影となる。スリプル等で寝かした状態での撮影はOK。

クリアに必要な枚数は3枚。
1回のオファーにつき、同じ名前の敵(個体ではない)の写真は2枚以上受け取ってくれないため、3種類の名前の敵を探す必要がある。

カンパニエバトル参戦獣人ならば、アライドタグを付けなければ絡まれることはないため、安全に接近し撮影できるが、1部隊からは雑魚兵と部隊長の2種類の写真しか得ることができないのが難点。
クリア条件を満たすためには、もう1部隊探しに行かなくてはならない。*2
また、難易度IIIに限っては受け付けてもらえない場合がある。(後述)

通常のフィールドに生存している獣人を探す方が早いのだが、当然ながら対処できるレベルがないと返り討ちに遭う可能性がある。
特に難易度IIIをこなす場合は、Lv75から見て強以上を要求されるため、注意が必要。
もっとも写真さえ撮れれば倒す必要はないので、撮影後にデジョン等で逃げても可。
Lv99ならば、これらの相手も格下となっているので問題ないだろう。

もらった魔写器魔影板補充が利かない。初任務の際は3回の撮影を失敗したらそこで詰みとなる。

順当に3枚の写真クリアできた場合、余りの2枚は好きにして良いため、大事に持っておくと次回以降用の余裕が出来る。
写真に有効期限はなく、ちゃんと撮れていれば次回のopsの際に受け取ってもらえる。*3
魔影板が溜まってきて連続でこなす場合は、一匹の獣人から複数枚いただいておくようにすると、使い回せて楽である。*4

経験値は、3枚目の写真を偵察総監NPCトレードした時点で獲得する。
このため、撮影は高レベルジョブで済ませておき、ジョブチェンジしてからトレードすることで低レベルジョブの育成にも使うことができる。

成功した際のカンパニエへの影響としては、自国の情報力が上昇する模様。


このopsが実装されるまでは、獣人血盟軍フィールドエリアを支配していないと、「拠点偵察」や「破壊工作」といった諜報工作のカテゴリに属するopsをこなすことができないため、自国の情報力を上げる事が出来なかった。
このopsの実装によって、フィールドエリア獣人血盟軍が支配していなくても、自国の情報力を上げられる様になった。

任務詳細

高位の勲章を得ることにより、上位の任務を受領できるようになる。ただし、自国のカンパニエの状況によっては一時的に受領のできない任務も存在する。

各任務ごとの内容、達成時報酬などについては下記参照。

敵兵装備偵察 I

一級連合従軍章所持で受領可能。
撮ってくる獣人レベル制限は無い。

経験値:814~1215
連合軍戦績:1356~2025

個別項目


敵兵装備偵察 II

白銀剣勲章以上で受領可。
撮ってくる獣人レベルが70以上が条件。三国周辺の獣人程度だと受け付けてもらえない。
カンパニエバトル参戦の獣人ならどれでも可。

経験値:1356~2025
連合軍戦績:1899~2835

個別項目


敵兵装備偵察 III

一級戦功水晶章以上で受領可。
撮ってくる獣人レベルが76以上が条件。
フィールド個体を撮影対象とする場合、獣人血盟軍の本拠地エリアおよび隣接するフィールドエリアジャグナー森林〔S〕パシュハウ沼〔S〕*5メリファト山地〔S〕)にいる獣人写真なら受け取ってもらえる。
カンパニエバトル参戦の獣人の場合、軍団の士気で内部設定レベルが変動する仕様のため、条件を満たせない場合が出てくる。士気が最低まで下がっている時には、第1軍の部隊長の写真でさえ受け取ってもらえなくなる。*6

経験値:1899~2835
連合軍戦績:2442~3645

個別項目


2011年12月15日のバージョンアップによる報酬の変化

2011年12月15日のバージョンアップ以前の報酬は以下の通り。

ソロ専用のopsの中では比較的高めの修正を受けた。写真撮影にそこそこ手間がかかるという点が考慮されたのだろう。
魔影板を貯め込んだ者の中には、コンクェまたぎ前に撮影を済ませておき、コンクェ後、報酬が高く戻った時点で一気に消化する者も多い模様。
自国の情報力上昇にも貢献することになるので、良策と言えるだろう。

関連項目

カンパニエops】【諜報工作
*1
完全な密着で敵にめり込んだ状態だと失敗となってしまう報告あり。一歩下がって(2タルタルほど)空けた方がよい模様。
*2
王国軍の場合だが、撮影対象はあくまでオーク兵に限られるであるため、月牙隊ノール族は対象外。
*3
ただし撮影相手によっては、難易度IではOKでも、難易度IIIになると受け付けてもらえなくなってしまうものもあり。
*4
魔写器の使用回数上限は12回なので、魔影板を何枚貯めこんでおいても、1回のオファーにつき12枚までしか撮影できないという限界はある。
*5
パシュハウ沼〔S〕クゥダフのみ、Lv76以上の個体群と一回り下のLv71~74の個体群が混在する。自分がLv75ならば差は明白なのだが、Lv99になっていると、どちらもとて楽表記であり、判断が付きにくくなっている。
*6
Vee Qiqa the Decreer写真ではじかれた時あり。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。