東エラジア社(ひがしえらじあしゃ)
ヴァナ・ディールにかつて存在した商社。

公式設定

近東や南方諸国との貿易を促進するため、タブナジア貿易商が中心となり設立した会社。後に莫大な財力を背景に、タブナジアバストゥークから海上での裁判権や交戦権などの様々な特許を獲得し、最盛期には小国家を凌駕する隠然たる権勢を誇っていた(海賊討伐に端を発するエルシモ海戦も、同社の意向に因るところが大きかったようだ)。しかし、タブナジア侯国滅亡後は、本拠地と後ろ盾を一気に失い、急速に経営が悪化。天晶堂ブルゲール商会の台頭に、飛空艇就航による既得権の喪失も重なり、縮小に縮小を余儀なくされ、879年ひっそりと解散した。

→Vana'diel Tribune II No.14「放浪の図師 グィンハム・アイアンハート」

その交易相手はマウラカザムはおろか、ググリュー洋を越えてはるか東のアトルガン皇国イフラマド王国にまで及んでいたという。
地図の作成で知られる冒険家グィンハム・アイアンハート(Gwynham Ironheart)や水晶大戦の陰で暗躍したブードリクス社社長ブードリクス(Boodlix)がかつて同社に籍を置いたとされているが*1、会社そのものはまだ消滅以前のはずの過去世界アルタナの神兵)においてもゲーム内には登場していない*2

異文化圏との交易路を開き、「小国家を凌駕する権勢を誇って」いた会社というあたり、現実の東インド会社がそのモデルと推測される。ここでいう「インド」はヨーロッパから見た東方すなわちアジア方面を指す意味だが、ヴァナではアトルガン皇国でおなじみのエラジア大陸の名前が充てられているのが興味深いところ。

外部リンク

→東インド会社 - Wikipedia
*1
何の因果か両者とも解雇された点まで共通している。
*2
2008年5月末時点。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。