チョコボジグ(ちょこぼじぐ/Chocobo Jig)
踊り子がレベル55で習得するジョブアビリティ、または同系のアビリティの総称。「ジグモード」内に含まれる。

効果範囲以外の性能はどちらも効果時間120秒、再使用時間は60秒、移動速度+25%アップ。

移動速度アップエリアチェンジをしても効果が切れず、移動速度アップ装備の効果と相乗する。攻撃を仕掛けるといった敵対行動を取ったり、攻撃を受けたりすると効果は切れる。ただし、感知されるだけでは切れない。よって、感知された後に攻撃を受けなければ、移動速度アップを維持したまま逃げ切ることもできる。
呪歌であるマズルカエンチャントで効果を発揮するダッシューズとは違い、アビリティで発動できるので、使用する際に立ち止まる必要は無く、移動しながら使用することが可能である。
しかし、アビリティ発動と同時に約3秒間の踊りモーションが発生し、着替えなどでキャンセルできず、その間移動することはできない。*1
このため、瞬時に発動しそのまま敵を引き離すという事にはとても使いづらい。魔法詠唱時などに距離を取ってから発動するなど、工夫が必要である。

また、一部のグラビデ効果を消して上書きすることも可能である。

踊りモーション中に他のアビ発動や魔法詠唱を開始する事は可能なので、デジョンワープ先でチョコボジグとするよりも、チョコボジグデジョンとした方がワープ後に素早く移動開始する事が可能といった小技が使える。
デジョンの詠唱直後の硬直が解けた後、ワープする前にアビリティを発動する事もでき、最も素早く移動できるが、タイミングはややシビアである。

踊り子AFダンサートーシューAF2エトワールタイツ装備時に発動すると効果時間が30秒増加する。両方を併用すれば、合計で60秒増加させることも可能。

ジグモードスペクトラルジグと併用したい場合は、先にチョコボジグを発動し、60秒後にスペクトラルジグ、とすれば良い。

2013年4月30日のバージョンアップで、範囲効果のチョコボジグIIが追加された。これはフェローフェイスにも移動速度アップ効果が及ぶ。

関連項目

ダンサーアタイア
*1
ワープ装置に乗れば、発動→ワープイベントキャンセルとなり、強制的に即座発動→モーションなしでの移動が可能だが、場面が限られすぎているため実用性はゼロであろう。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。