Lobais(ろばいす)
礼拝堂に出現するシャドウ族(フォモル)NM→2005年7月19日のバージョンアップで追加された。
スウィフトベルトドロップするNMのうちの一体。

Lobais

出現条件

礼拝堂の(H-5)にあるStale DraftにフォモルコデックストレードすることによってPOPするトリガーNM
ただしPOPさせるにはフォモルを一定数倒し怨みをため、なおかつトレード者がタルタルであることが条件。
怨みが最大の状態でStale Draftを調べると「今すぐここを離れた方がいいかもしれない…。」と表示される。

特徴

ジョブ召喚士で、ある程度HPを減らすとアストラルフロウ(フェンリル)を使用してくる。
ポイゾガエアロガを始めとする黒魔法をも行使する。
よってLobais本体召喚士/黒魔道士である事が伺える。

POP後にDark Elemental(闇エレ)を召喚する。

勘違いしてはならない事に闇エレとアスフロは全くの別物だという事がある。
その他召喚士タイプのNMにも共通しているが、実際にはアスフロ発動=即フェンリル召喚されハウリングムーン発動 となる。

バイオスリプガ等のいやらしい魔法を詠唱する為、本体のみでは無く闇エレへの対処も必須と言えるだろう。
サイレスが通る事・ララバイでの寝かせは比較的容易である事 がせめてもの救いか。

種族のベルトNMから見ると明らかに最強(対峙し辛い)相手と言える為、タルタルであるが故に野良でのベルト取りツアー参加を断られるケースもそう少なくは無かった。
そういった事情から、タルタルPCは己の持つフォモルコデックスヒュームミスラに預け、代行でベルトNMを湧かせてもらうことが多々あったという。

このような問題を踏まえて、→2007年11月20日のバージョンアップにてタルタルフォモルのみが弱体され、アストラルフロウダメージが400前後まで下げられた。
なお、同バージョンアップにて白魔法リポーズが追加されたため闇エレの処理も格段に楽になった。

2010年6月22日のバージョンアップ礼拝堂レベル制限が撤廃されてからは、ソロでも倒せる強さに落ち着いている。

名称について

このNMも他のフォモルNMの多くと同様に、ケルト神話に登場するフォモール族から採られていると思われる。Lobaisフォモール族の首長の一人である。

関連項目

礼拝堂】【シャドウ族(フォモル)】【スウィフトベルト】【フォモルコデックス
Balor】【Luaith】【Caithleann】【Indich
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。