シャープソード(しゃーぷそーど/Vorpal Sword)
片手剣の一つ。→2007年3月8日のバージョンアップで追加された。
グラフィックフルーレと同じ。
Rare Ex
39 224
Lv75~

アサルトナイズル島踏査指令」で入手出来る鎮魂武器の1つ。
ミシックウェポン入手クエストミュルグレスを得るために必要となる。
また、クエスト神器<赤魔道士>」でロズレーファタールを習得するためにも必要。

ほとんどの鎮魂武器は、Lv75キャップ時代装備としてはユニクロギリギリの微妙に使いづらい位置にあるが、このシャープソードD/隔赤魔道士が使える片手剣の中では最上に位置している*1。もっとも、何ら能力が付与されていないのはお約束であるが。

出典

ファイナルファンタジー1に登場した剣。
当時はナイト忍者赤魔道士と上級職だけが装備出来る装備として登場した。性能は平々凡々でいずれサンブレードなどの強力な武器に取って変わられ捨てられる運命である。

英語名がボーパルソードに名を変えているが、これも出典もとの名残。名前が変わっているだけで特殊な効果(首をはねたり)はついていない。
…と、ここまでは原作に忠実なのだが、赤魔道士の使用する武器という都合からか、原作設定である「きれあじのよいえんげつとう(シミターのような半月型の刀)」ではなく、突剣グラフィックを当てられている。語感を重視して先端を鋭くしたということだろうか。

地味な印象の武器であるが、FF1プレイヤーにしてみれば思わずにやける装備であろう。

関連項目

ミュルグレス】【鎮魂武器】【ロズレーファタール】【神器<赤魔道士>
*1
ゲピエヴェルダン+1よりも高く、隠し効果を考慮しないメンサーエペと全く同じステータス
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。