古代魔法の石版(クエスト)(こだいまほうのせきばん/The Missing Piece)
クエストの一つ。2003年4月15日のバージョンアップ実装された。

依頼者ラバオ・オアシス付近(H-8)にいるサンドリア大聖堂の修行僧・アルフェザール(Alfesar)。
砂漠に似つかわしくない服装なので一目で分かると思われる。
アルテパ砂漠の地下に広がる
流砂洞」で見つかった、
古代石版の欠片」の残りの部分を
探し出してほしい。

Lv10以上かつ名声が「そこそこ知られている」以上で依頼者に話しかけるとオファーを受けられる。

オファーを受けたら東アルテパ砂漠(H-10)から流砂洞へ移動しMAP[2]の(L-11)の???調べると「だいじなもの:古代石版の欠片」を入手できる

ラバオに戻り依頼者に渡すと、古代魔法の石版アルフェザールの紹介状を託される。これを北サンドリア大聖堂地下にいるシャルレマーニャ(Charlaimagnat)に渡し、エリアチェンジ後に再度話しかけるとクリアとなる。シャルレマーニャは「後日」と言うが、エリアチェンジを挟めばヴァナ当日に入手できる。

報酬テレポルテ魔法のスクロール称号として「古代秘法を継ぐ者」も得られる。

歴史

実装から長らくの間、Charlaimagnatから受け取るにはリアル0時越えが必要であった。これは2014年7月8日のバージョンアップにて、「リアル0時越え→1分経過」に緩和された。しかしこれが仕様なのか、あるいは誤記なのか不具合なのかは不明だが、1分経過後すぐにはもらえないことがある。同バージョンアップで変更になったモグ金庫拡張クエスト同様、1分ごとに判定が行われている可能性がある。

また、流砂洞内で当クエストに関係する???は、以下の場所のいずれかにランダムで出現していた。2015年5月14日のバージョンアップで他のテレポ入手クエスト同様???の出現位置は固定になり、さらに光るエフェクトも付与された。

下記番号は出現位置がランダムだった頃にスムーズに調べることができた推奨順である。
  1. 東アルテパ砂漠(J-7)から入ったMAP[1]で、(I-7)の段差を降りた先の(H-6)
  2. MAP[1}(D-5)からいったん東アルテパ砂漠へ出て、(H-10)から再度流砂洞に入ったMAP[2]の(D-9)
  3. 同じくMAP[2]の(L-11)
  4. MAP[2]の(M-9)にある流砂を落ちて、MAP[1]に入り震動の回廊へと進む段差の手前の広場(E-9)

上記の内2~4は一度に見て回れるが、これらの地点を回った後で1の場所に行くには、東アルテパ砂漠(H-10)へ出た後に東アルテパ砂漠(J-7)から入り直さなければならない。一方、1を見た後は、東アルテパ砂漠(H-8)へ出て、近くの(H-10)から2の場所に入れる。そのため、全ての地点を見て回ることを想定するなら、上記の順番で行くと移動の手間がいくらか少なく済んでいた。

また、このクエストインビジスニークなどがあれば誰でも容易に遂行出来る、難易度の低いクエストである。その難易度の低さとテレポルテという移動魔法の重要性ゆえに、RMT業者の収入源として使われることもあったようだ。

関連項目

テレポルテ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。